ベトナム本土の南部西端から約40km、タイランド湾に浮かぶベトナム最大の島「フーコック島」。

年間平均気温は約28度と温暖な気候に加え、手付かずの大自然が残っていることから「ベトナム最後の楽園」と呼ばれ、最近人気が急上昇しています。

そこで今回は、そんな楽園「フーコック島」を遊び尽くすために押さえておきたいマストスポットをご紹介します。

 

■超遠浅のロングビーチ!「バイサオビーチ」

フーコック島で最も美しいビーチと言われる「バイサオビーチ」。


全長約7kmのロングビーチで、水際から50mほど進んでも腰の深さという超遠浅のビーチなんです。

そのため、小さなお子様連れや泳げない方でも思いっきり遊ぶことができます。

ちなみにパラソルとベッドは1日、約140円と格安で使用可能です。

 

■何でもアリの大型テーマパーク! 「ヴィンパールランド」

昨年、フーコック島にオープンした大型テーマパーク「ヴィンパールランド」(入場料金 大人約3,800円、小人約3,100円)。

広大な敷地内には観覧車などのアトラクションはもちろん、水族館もあります!

そんな「ヴィンパールランド」の中でも1番人気なのが、ウォーターパーク!


人気の理由は、豊富な種類のウォータースライダー!

高さ約10mのスライダーを頭から一直線に滑り降りる「マルチレーサーズ」や、巨大チューブをゴムボートで急降下する「ビッグトルネード」など、その数なんと11種類!

1日中居ても飽きない、超オススメのアクテビティスポットです。

 

■特大プールを独り占め!? 五つ星ホテル「ヴィンパール・リゾート・フーコック」

「ヴィンパール・リゾート・フーコック」は、ベトナム最大級の特大プールを持つフーコック島No.1の5つ星ホテル。

実は先ほど紹介したウォーターパークに併設されており、ここに宿泊すると入場料が無料になっちゃうんです!


昼間はみんなウォーターパークに行っちゃうから、運が良ければ特大プールを独り占めできちゃうかも!?

プールの先にはプライベートビーチも完備! こちらも昼間は人が少な目なので、のんびりしたい方にオススメです。

宿泊料金は1泊約30,000円からとなっています。

 

■絶対に行きたい極上グルメ!フーコック島屈指の人気レストラン2選

まずつ目は、フーコック島No.1の絶景レストランとして大人気の「マンゴー・ベイ・リゾート」。

テラスからは180°の絶景オーシャンビューを眺めることができます。

人気メニューは、サバのジンジャーソースかけ(約1,150円)。


人参や白菜などの野菜の上に、焼きサバをのせてピリ辛ソースをかけたヘルシーな1品。

絶品料理と絶景を楽しめるテラス席は夕方から混むので、お昼時が狙い目です。

 

2つ目のレストランは、地元の人が必ずオススメするという「クアン・オック343(バーボンバー)」。

漁師から直接買い付けている新鮮なシーフードを使った大人気料理なんです。

数あるシーフード料理の中でもイチオシなのが、オックニャイのレモングラス蒸し(約750円)。


フーコック島名産の高級巻貝“オックニャイ”を、レモングラスと唐辛子で蒸し煮した人気メニュー。

ローカル感を味わいたいなら、こちらがオススメです。

 

フーコック島へは、東京からホーチミン経由で約9時間半。

日本からは少々遠いですが、混雑する前に、1度は行っておきたい楽園リゾートです。

【参考】

※ TBSテレビ「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」

【関連記事】

※ 南太平洋の真珠!タヒチ「ボラボラ島」のナンバー1スポット大公開!

※ 誰もが憧れる世界No.1リゾート!「ハワイ・オアフ島」を満喫しよう!

※ 気軽に行けるのにガッツリ楽しめる!? アジア屈指のビーチリゾート「セブ」

※ タイ最後の秘島「リペ島」で、タイ最高の絶景を楽しもう!

※ 夏の旅行までに脱げるカラダを目指す♡まだ間に合う「本気痩せ」ダイエット