7月4日は木星探査機ジュノーの「Xデイ」

写真拡大

知られざる木星の姿に迫ろうと5年前に打ち上げられた探査機「ジュノー」。木星周回軌道への到達の瞬間が、いよいよ迫っている。

「7月4日は木星探査機ジュノーの「Xデイ」」の写真・リンク付きの記事はこちら

7月4日(現地時間、日本時間の5日午前)、アメリカにいるぼくらがバーベキューをしているとき、米航空宇宙局(NASA)の科学者たちは、地球から約7億8,000km離れたところにいる無人宇宙船の命運を心配しているだろう。

その日、木星を目指すNASAの探査機「ジュノー」は、2011年8月5日の打ち上げ以来、もっとも重要なポイントに到達する。太陽系最大のかの惑星を周回する軌道にうまく乗れるかどうか、というポイントだ。

そこでジュノーは35分間のエンジン噴射を行い自らの速度を下げて、巨大ガス惑星の重力に乗ろうとする。

ジュノーとNASAの地上チームとの間には、約49分の通信ラグタイムがある。よって、ジュノーに搭載されたコンピューター自らがすべてのコース修正を行わねばならないのだ。

この行程がうまくいかなければ、ジュノーが帯びる科学的な目的(木星のオーロラを調べること、太陽系の起源に関する新しい洞察を得ること、エトセトラ、エトセトラ)は、一巻の終わりだ。

「すべてが予定通りにいったら、心しておいてください」。ジュノーを奉じる科学者たちは、新しい科学の波が訪れるのに準備するように、語ってくれている。

How about that light show? @NASA_Hubble sees #Jupiter aurora, days before my orbit arrival https://t.co/RADsYS7vOJ pic.twitter.com/yTRmDHEWlt

- NASA's Juno Mission (@NASAJuno) 2016年6月30日

NASAによって、ハッブル宇宙望遠鏡が観測した「木星のオーロラ」が公開されている。「@NASA_Hubbleが、わたし(ジュノー)が軌道に到達する数日前、木星のオーロラを観測しました」(@NASAJunoのツイート)