7月10日に予定されている参議院選挙に向けて、街中で候補者が演説する姿をチラホラと見かけるようになってきました。そんななか、虎ノ門ヒルズで行なわれた演説には思わず足が止まってしまいました。

1

多くの人々が注目する中、登壇したポルシェ ジャパン株式会社 代表取締役社長である七五三木 敏幸氏は冒頭で「7月から本社が虎ノ門ヒルズへ移転し、ポルシェ ジャパンは新たな幕開けを迎えた」と挨拶。さらに「期待を越えた歓びを提供するために挑戦を続ける」と決意を新たにし、その実現に向けた3本の矢を表明しました。

まず第一が「欲しい!」と思わせる魅力的なモデルの投入。

ポルシェにとって日本は世界で5番目の規模をもつ重要なマーケットであり、基幹モデルの「911」をはじめ、SUVの「カイエン」や「マカン」、サルーンの「パナメーラ」など多彩なジャンルへの展開もあって、20年で販売台数は約3倍へ。今後もその勢いを絶やさないために、新モデルの投入には積極的に取り組んでいくとのこと。

第二が「環境への取り組」み。

これは過去と現在そして未来のポルシェを含めた取り組みであり、例えば2015年11月からクラシックポルシェのための最適なサポートを提供するポルシェクラシックパートナーを認定し、既存のポルシェを長く大切に乗り続けるための地盤を固めています。

また、現在販売中のモデルでは、「カイエン」と「パナメーラ」へのプラグインハイブリッドの設定に加えて、「911」「718ボクスター」で採用したターボエンジンによる高効率化も環境対策の一環のひとつ。将来的にはEVを投入していくことが明かされました。

そして、ここに新たなモデル「718ケイマン」が、いよいよ日本で初めてその姿を現しました。

「718ケイマン」をひと言で言うなら、「718ボクスター」の屋根固定バージョン。

両者はメカニズムも共通で、車両の中央に置かれるエンジンには「718ボクスター」と同じく水平対向4気筒ターボが採用され、2.0Lの「718ケイマン」が最高出力:300ps/最大トルク:380Nm、2.5Lの「718ケイマンS」は350ps/420Nmと、その性能も共通となっています。

しかし車両価格に違いがあり、「718」を冠する新型の車両本体価格では「ケイマン」が619万円〜、「ケイマンS」が813万円〜と、「ボクスター(658万円〜)」および「ボクスターS(852万円〜)」と逆転し、「ケイマン」がポルシェのラインナップの中でも最もリーズナブルなモデルとなりました。ちなみに、導入はヨーロッパを皮切りに2016年9月24日から順次開始されます。

このようにハード面を充実させる一方で「ソフト面も充実する」のが3本目の矢。

ドライバーの技能に合わせたスポーツ走行を楽しめるポルシェドライビングエクスペリエンスやモータースポーツへのサポート継続など、ポルシェの掲げる運転の楽しさを知ってもらう取り組みを引き続き行ない、そこで得た知見は次の市販車へフィードバックしていくと言います。

ハードとソフトによる好循環の構築。すでにその成果が実態として表れているだけに、街中で叫ばれている絵空事とは違って説得力があり、期待もあります。今後の展開から目が離せません。

(今 総一郎)

ポルシェ・718ケイマンを初公開! さらにポルシェ流「3本の矢」も表明(http://clicccar.com/2016/07/03/383204/)