Inc.:オフィスにいつまでも残っていたり、ヴァケーション中もラップトップを閉じられなかったりする人を揶揄して、「あの人、狂ったように働いてるよね」と言うことがありますが、文字通りの意味を意図している人はいないでしょう。

でも、それは事実かもしれないという研究結果が発表されました。

ノルウェーのベルゲン大学、英国のノッティンガム・トレント大学、アメリカのイェール大学の国際チームが16,426人の働く大人を対象に実施した研究で、仕事中毒と精神疾患の間に厄介な関係があることがわかったのです。主な内容はこちら。

仕事中毒者の32.7%がADHDの基準を満たしている(一般集団は12.7%)25.6%が強迫性障害の基準を満たしている(一般は8.7%)33.8%が不安の基準を満たしている(一般は11.9%)8.9%が抑うつの基準を満たしている(一般は2.6%)

卵が先か、鶏が先か。つまり、働き過ぎによって精神が崩壊してしまうのでしょうか? それとも、精神衛生上の問題があることが長時間労働につながるのでしょうか? 同論文の筆頭著者であるCecilie Schou Andreassenさんによると、それは現時点ではまだわからないそうです。

極限まで仕事をしてしまうのは、深い心理学的問題または感情的問題を抱えているサインかもしれません。それが遺伝的脆弱性によるものなのか、障害が仕事中毒を生み出すのか、はたまた逆に仕事中毒がそのような障害を生み出すのかについては、まだわかっていません。


著者らは、ADHDの症状で仕事に時間がかかり、その結果労働時間が長くなるのではないかと考察しています。または、ハードワークに対する褒め言葉が、すでに不安傾向がある人のストレス緩和になっているのではないかと。いずれにしても、現段階では単なる推測に過ぎません。


あなたは仕事中毒?


この結果は、暫定的ではあるものの、忙しさを鼻にかけているような人を制止することができるのではないでしょうか。他の研究で、仕事中毒は仕事のパフォーマンスとまったく相関がないことがわかっています。つまり、コンスタントな忙しさは仕事ができる証拠ではないのです。そして、仕事中毒の人は、バランスの取れた人よりもネガティブな感情を抱きやすいのは驚きではないでしょう。

仕事中毒が精神疾患と密接な関係があるという事実をリストに加え、スケジュール過密状態の人は、それによって得るもの、失うものについて、少し立ち止まて考えたほうがよさそうです。

自分が脅迫観念と情熱の間に引かれた一線を越えてしまっていないかどうか心配なら、仕事中毒の症状を確認する科学的なチェックリスト(英語)をお試しください。


Workaholics Are Way More Likely to Have a Mental Illness, New Study Says | Inc.

Jessica Stillman(訳:堀込泰三)
Photo By Shutterstock.