アダルトVRフェスタ公式ページより

写真拡大

「VR(バーチャルリアリティ)元年」と呼ばれて久しい今年2016年。10月に予定されているPlayStation VRの発売までも残り数カ月となり、VRが本格的に我々の生活に入り込んでくる日もいよいよ近づいてきた。それにともない、メディアでも取り上げられる機会が激増。5月31日放送『クローズアップ現代+』(NHK)をはじめ、多くのメディアで特集されるようになっている。

 そんなVR熱の高まりを受けてか、あるVR製品の見本市が、来場客を集め過ぎてしまったがために中止に追いこまれるという騒ぎまで起きた。

 その見本市とは、6月12日に開催された「アダルトVRフェスタ」。タイトル通り、18禁のアダルトVR製品に特化した見本市である。秋葉原で行われたこのイベントには、一般来場者入場時間の14時の時点で会場前の歩行者天国が歩行困難になるほど人が押し寄せてしまい、15時前にはイベントの中止を余儀なくされてしまった。主催者は今回の反省を踏まえ、8月にもっと大きい会場でもう一度「アダルトVRフェスタ」開催し直す予定だと発表している。

 VHSをお茶の間に普及させた大きな要因は、当時のアダルトビデオの人気にあったわけだが、それと同じように、注目度は高いもののまだまだ認知されていないVR技術が一般家庭に広がるのには、アダルト方面でのVR技術の発達が欠かせないといわれている。

 ヘッドマウントディスプレイを装着し、専用の動画を流すと、その動画内で起きていることがまるで現実に起きているかのように錯覚してしまう──VRの技術の肝はここにあるわけだが、アダルト系のVRコンテンツにおいて、より期待されているのが「VR+1D」という技術だ。

「1D」とは、ビデオの映像に様々な周辺機器を連動させるシステムのこと。この技術を用いると、映画やゲームのアクションシーンに合わせてソファなどを動かし、より臨場感を増した映像体験ができるようになる。映画館で導入されている「4D」のようなものだと言えば分かりやすいだろうか。

 これを、主観もののAVやエロゲーのVR映像と同期させれば、映像に出演している相手と本当にイチャついているような錯覚を味わうことができる。具体的には、映像の動きに合わせてオナホールが動いて疑似フェラや疑似手コキを楽しむなどの応用が考えられる。そういった技術はすでに実現段階にまで来ており、「アダルトVRフェスタ」でも、映像連動型のオナホール「MAIKO-DOS」「A10 CYCLONE SA」といったものが出展されていた。また、胸に貼り付けると動画に連動してバイブレーターが乳首を責めてくれる、チクニー用のパッド「U.F.O. SA」といった変わり種まである。

 そんななかでも、ひと際注目を集めていたのが、「なないちゃんとあそぼ」というゲームだ。「なないちゃんとあそぼ」は空気で膨らませた人型のバルーンにスマートフォンをくくりつけ、その風船を性行為のようにピストンして遊ぶ。ヘッドマウントディスプレイには全裸になった美少女ゲームのキャラクターが映し出されているのだが、バルーンにくくりつけたスマートフォンがセンサーの役割を果たしており、風船の体位を変えればそれに合わせて映像内のキャラの体位が変わったり、ピストンに合わせておっぱいが揺れたりと、かなり高次元で疑似セックス体験を可能にしているという。

 しかし、ここまで没入感が強く、リアルなセックスを疑似体験できるコンテンツが普及してしまったら、ただでさえ少子化・若者のセックス離れが叫ばれる最中、さらにその傾向が進行してしまうのではないだろうか?

「SPA!」2016年6月28日・7月5日号(扶桑社)で、セクシュアリティ・ジェンダーの問題に詳しい、京都教育大学の関口久志教授はこう警鐘を鳴らしている。

「障害や医療、介護の面でロボットが登場するのは望ましいこと。ただ、人間の性欲を満たすことを手助けするために、過度にテクノロジーが採用されるのは危険ではないでしょうか」
「日本性教育協会の統計を見ると、今の若者のデート率やセックス率は下降傾向にある。男性を中心に"性の不活性化"が起こっているんです。その背景には、経済的な格差が密接に関係していると分析されていますが、もし安価かつ手軽に、また刺激的に性を満たせるテクノロジーが普及すれば、ますます対人間コミュニケーションが減ってしまいます」

 当のアダルトVR製作の担い手たちも、もちろん関口教授が危惧しているような状況は認識している。いや、むしろ、だからこそVR技術の開発に力を入れているのだ。日本アダルトVR推進機構の吉田健人氏は、ウェブサイト『電ファミニコゲーマー』のインタビューでこのように語っている。彼らが目指しているのは、まさに生身の人間とのセックスを「オワコン」化させることなのである。

「真面目な話をすると、世の中は異性とのやりとりやデートへの誘いなど、性交に対するコストが高いと思うんです」
「いまの段階では没入感が軸になっていますが、今後アダルトVRの研究が進めば、インタラクティブに映像とコミュニケーションが取れるようになっていくと思います。
 そうなると現実の代わりができるようになると思っているんです」
「近いうちに、性行為は完全にバーチャルでするものとなり、概念も変わっていっていると思いますね。
 むしろ変えていくことを活動目標としていますので、期待していてほしいです」

 ただ、このインタビューのなかで吉田氏も「デバイスやコンテンツが出揃っていません」と語っているのだが、現状ではアダルトVRの開発は進んでいるとは言い難い面がある。

「週刊プレイボーイ」(集英社)16年7月4日号で、VRゴーグルの開発も手がける家電メーカーの社員は、アダルトVRコンテンツの前に立ちふさがる障壁をこのように語っている。

「現在、VR関連に最も力を入れているのはGoogle、Facebookなどエロご法度のグローバル企業です。なのでアダルトとの連携はありえません。だからこそ、DMMのような体力がありアダルトにも強い企業に頑張ってもらいたいですね」

 前述「なないちゃんとあそぼ」も、「アダルトVRフェスタ」以前にVR関係の見本市に出展していたときは、空気人形をピストンするとビームが撃てるシューティングゲームという形に偽装していたそうだが、それでも多方面から強い批判を浴びたという。

 そんな事情もあり、アダルト系VRコンテンツ開発には大きい障壁があるのだが、それでもDMMはすでにアダルトVR動画の配信をスタート済み。今後も、各メーカーと連携して作品を増やしていく予定だという。

 日本国内における「おとなのおもちゃ」メーカーといえば、まずはTENGAが思い浮かぶが、もちろんTENGAもこういった最新技術の導入に向けた開発は行っているものの、その商品化ということを考えると、なかなか艱難辛苦があるようだ。株式会社TENGA取締役、広報宣伝担当の松浦隆氏はこう語っている。

「新しい技術が出てくると、どう商品に絡めるかという部分ばかりが強調されます。ただ、本当に重要なのは、新技術が導入された製品をユーザーが満足し、認めてくれるかどうか。また、価格の問題もあります。今、巷で騒がれている商品が、ユーザーに認められるレベルで実現するには、まだまだ時間と研究が必要になるのでは」(前述「SPA!」)

 今日明日ですぐにアダルトVRが我々の日常に溶け込むということはなかなか難しそうだが、アダルトVRが一般化されれば、我々の性意識は根本から覆されてしまう、ということは間違いなさそうだ。
(田中 教)