本年11月5日に開幕となる日本初のプロバスケットボールリーグ「bjリーグ」
所属の大阪チームは、新たに運営会社を設立し「大阪ディノニクス」から「大阪
エヴェッサ」へ名称を変更したことを発表した。

 尚、チーム変更の詳しい経緯などは、新チーム発足記者会見(6月2日/ハー
ドロックカフェ大阪)で発表される。同会見では、ヘッドコーチ、強化部長、新
ロゴマーク・キャラクター、チーム運営会社概要などが発表される。

チーム名の由来
 大阪で野球、サッカーに続く第三のプロスポーツとして発進する大阪エヴェッサ。大阪は人情・笑い・商売のまち。その大阪にあって、単にバスケットボールチームとしてだけではなく、様々な場面で大阪のまちを活気付ける存在でありたいと願い、古くから大阪人に親しまれてきた七福神のお一人で商売繁盛の神様でもある「戎様」にあやかる。大阪では「戎様」ことを親しみを込めて「えべっさん」とお呼びする。「戎祭」の盛り上がりのようにバスケットボールを「魅せるスポーツ=スポーツエンターテインメント」まで昇華することと、大阪の皆さんに愛されるよう『大阪エヴェッサ』と命名した。