アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋 vol.1「お香はそろそろ卒業してほしい」

写真拡大

30代オトコの座談会の記事を読んだ編集部のレオ。


30代オトコの部屋座談会

vol.1「趣味が充実、彼女はいないが女子は来る」
vol.2「女子を招くとき、あのニオイは念入りにチェック」
vol.3「元カノとの思い出グッズどうしてる?」


「ふむふむ、貸す予定のパジャマをもう一回洗濯して、暗めの部屋で映画を見て、モカを入れて、ハーゲンダッツをそろえれば……ムフフ」

さっそくお目当の女子を捕まえ、記事通りの“セッティング”でセマッタものの、あえなく撃沈。

「パイセンの言う通りに仕込んでみたのになんでやねん!」

ついつい関西弁が出てしまうほど困惑してしまいました。

「レオ君、あんなの鵜呑みにしたって女子の気持ちが分かるわけないよね」

編集長ナカシマの一言で目覚めたレオ。

「そうだ、本人たちに聞いてみよう!」

というわけで、30オトコのルーム事情を追求すべく決行した覆面座談会の記事を受け、アラサー女子がぶった斬る覆面座談会の始まりです。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会


※本日の出演者たち(左から)
あゆ:看護師(27歳)
むぎむぎ:会社員(27歳)
こんとんじょのい子:会社員(27歳)
しろう:アプリプロデューサー(33歳)


自己啓発本が並んだ部屋は苦手!



──まずは「アラサー女子に聞きたい!ワタシの理想の“オトコ部屋”」ということで、理想の30オトコの部屋を教えてください。事前アンケートのむぎむぎさんの回答が気になりました。「ゴミ箱が常に空なのが嫌」。なぜでしょう?

むぎむぎ:潔癖の男性が嫌いなんです。

一同:ああ、分かるかも。

むぎむぎ:女性の潔癖は分かりますが、男性の潔癖ってちょっと狂気で怖い。学生時代の彼が潔癖で、いつも部屋にチリひとつ落ちてない。毎回ゴミ箱が空で、まるで犯罪の隠蔽みたいで(笑)。

──そういう部屋は緊張しますね。

こんとんじょのい子(以下、こんとん):自分がゴミなんじゃないかと思ってしまう(笑)。

むぎむぎ:部屋に遊びに行った瞬間にシャワーを浴びろと言われたり……。

一同:えー!

むぎむぎ:彼が落ちている髪の毛を拾っていて、“そんなの普通見つけるぅ?”って思った(笑)。狂気です。そういう人って絶対サイコですよね。将来DVとかしそう(笑)。

──アンケートによれば、むぎむぎさんは趣味関連のものをたくさん持っている男性もダメなんですね。

むぎむぎ:ダメですね〜。

──逆にあゆさんのように「いい」というご意見もあります。

あゆ:趣味がアニメのフィギュアだったら嫌ですけど、好きな音楽のレコードが飾ってあるなら、ちょっとオシャレだなと思います。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

──そのいいものと嫌なものの境界線ってどこにありますか?

あゆ:完全に自分の好みですね。

──ではフィギュアが置いてあってもいいという方は?

こんとん:フィギュアの種類にもよりますよね? 例えばアメコミものとか、「スター・ウォーズ」だったらいいとか。

むぎむぎ:逆に仕事でもらった“小林麻耶のフィギュア”ならいいですけど(笑)、ガチの「スター・ウォーズ」オタクで、壁一面「スター・ウォーズ」です、みたいなのは嫌。

──各自厳しい線引きがあるようですが……。ほかにこんなのが置いてあったら嫌だってありますか?

こんとん:家にいったときに自己啓発系の本がたくさん並んでいるのは嫌でしたね。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

一同:分かる〜(笑)。

こんとん:外で飲んでて、この人すごくしっかりしているなと思って、家に行くと、「できる人になるための本」とか並んでいて、ああ、ここからの受け売りなんだと(笑)。

むぎむぎ:インテリアじゃないですけど、洗面所やバスルームに女物がないかと絶対見ます。

一同:ああ〜。

──あったらダメ?

むぎむぎ:嫌ですね。男友達の物でも嫌です。常に置いてあるってことは、それを使う人が常にいるっていうことですよね?

──歯ブラシがたくさん置いてある部屋は考えられない?

むぎむぎ:絶対嫌だー。

NEXT>>「お香はそろそろ卒業してほしい」

ニオイよりも、まずは換気しろ



──男性の部屋に遊びに行ったときの体験談を聞かせてください。例えばどんなところに気を使ってほしいですか?

こんとん:おいしい紅茶を入れてくれたことがあります。しかもギューっとプレスするオシャレな入れ方で、茶葉もケチらずにしっかり(笑)。それはグッときましたね。

あゆ:私は地べたじゃなくて、クッションなり座布団なりソファなりを用意して座らせてくれたらいいかなと思います。来客用に置いてあって気を使ってくれる感じがいいですね。

しろう:紅茶もそうですけど、出てくるものがキチンとしたものだといいですよね。インスタントはないなーって思っちゃう。

こんとん:大前提で部屋がキレイなことですよね。

──部屋でチェックするポイントとかありますか?

こんとん:まずは部屋の空気を吸ってみて埃っぽくないか(笑)。

一同:あっはっは(笑)。

こんとん:あとは……そこまで気にならないけど、ガラスのコップで出されたときに水垢とかついてないか。

一同:ああ〜。

こんとん:あとはトイレを借りたときに汚れ具合を見ちゃう。

むぎむぎ:私は男性が凝った紅茶を出すとか、家に凝っているとか、常に超キレイとか、嫌ですね。

──ということは、汚くてもいい?

むぎむぎ:埃はなくてキレイにしているけど、散らかっているくらいが私は好きです。例えばみんなで遊んでいるときに“うち近いから来なよ”みたいな気さくで、気どってない人がいい。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

──ある程度ものがあったほうが安心する?

むぎむぎ:凝ったものは恐怖です(笑)。男性って凝りますよね? 家に凝っているということは、一緒に住んだら生活スタイルもとことん凝るんだろうなと。コップの洗い方までいちいち指摘されるんじゃないかという恐怖が……。

──自分は好きだけど、みんなは気にしなくてもいいよ、それくらいのスタンスがいい?

むぎむぎ:寛容力というか……人を家に呼ぶことを、片付いてないからとか、ためらう人が多いと思うんです。近くにいるからみんなで行こう、でも飲み物ないからみんなで買っていこう、それくらいの気軽さが欲しい。

こんとん:でも大学生の一人暮らしとか、仕事が忙しい独身の人の部屋はかなり汚いイメージありますよね。

むぎむぎ:“汚部屋”じゃなければ、みんなで片付けようよ、くらいがいいですかね。

──では前回の座談会で出た、とある男性の意見を見てみましょう。女性が遊びに来るのが前提での発言です。


「女の子が来るときは、何か特別に気をつけますか?」

・シーツを洗濯しておく
・部屋全体の掃除と玄関の芳香剤をチェック
・トイレやお風呂、キッチン、洗面所などの水回りを重点的に掃除
・貸すであろう衣類の洗濯(洗ってあっても、柔軟剤多めにもう一度洗う)


アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

(一同爆笑)

むぎむぎ:シーツを洗っておく、は確信犯ですよね(笑)。

こんとん:クサイよりはいい(笑)。

──とある男性は、“女性が家に来る時点であり得るから”と言っていました。何が起こってもおかしくない準備をしておくと。

しろう:「部屋全体の掃除と玄関の芳香剤をチェック」は、何か狙ってる感じがしますよね(笑)。

──めちゃくちゃ臭い部屋よりはよくないですか?

むぎむぎ:男性特有の汗の香りとか、ナチュラルがいいですね。最初に頑張るのはいいけど、付き合って長くなったりすると頑張るのは大変じゃないかな。

──しろうさんはアンケートによると「裏原で焚かれているようなお香の香りがするのが嫌だ」と。

しろう:嫌ですね。インド系のやつとか。

こんとん:お香系はもう“卒業”かなって感じはしますよね。

──流行りが終わっているという感じでしょうか。でもシュッとスプレーも嫌だと?

こんとん:それくらいだったらいいけど、お香と、強すぎる柔軟剤は気になりますね。

あゆ:私は逆にクサいよりは……気を使っているんだろうなと思います。むしろそっちの方がいいかも。

しろう:香りがあると息苦しい感じがするときがありますね。それより空気のキレイさの方が……フレッシュな空気かどうか、その方がいいですね。

アラサー女性による理想のオトコ部屋座談会

──ニオイよりも、まずは換気しろという話ですね。あとは特殊な例だと思いますが、「貸すであろう衣類の洗濯(洗ってあっても、柔軟剤多めにもう一度洗う)」。

こんとん:そんな陰ながらの努力、知らなかった〜(笑)。

──努力していると言わないまでも、気付いてくれたらポイントアップするんじゃないか、そういうところだと思いますが。

こんとん:こういうことをしている人って、意外とトイレが汚かったり、違うところが全然できてなくて、女性はそっちの方が気になるというパターンはありますよね。

──キレイにするのはそこじゃないと。それなら「トイレやお風呂、キッチン、洗面所などの水回りを重点的に掃除」という方がベター?

こんとん:そうですね。目につくところはキレイな方がいい。

むぎむぎ:「貸すであろう衣類の洗濯(洗ってあっても、柔軟剤多めにもう一度洗う)」は、本気感が怖くないですか(笑)?

──この人は本気でしたね。

(一同爆笑)

(vol.2に続く)


もっと読みたいバックナンバー!

アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋
vol.1「お香はそろそろ卒業してほしい」
vol.2「お泊まりグッズは“付き合う”のバロメーター?」
vol.3「初めての家デートで映画鑑賞はちょっとガッカリ」
vol.4「オトコ部屋にいくのはOKのサインではない」

30代オトコの部屋座談会
vol.1「趣味が充実。彼女はいないが女子は来る」
vol.2「女子を招くとき、あのニオイは念入りにチェック」
vol.3「元カノとの思い出グッズ、どうしてる?」