TVアニメ「orange」の第1話『LETTER01』より、先行カットとあらすじを紹介!!/(C)高野苺・双葉社/orange製作委員会

写真拡大

TOKYO MXで7月3日(日)からスタートするTVアニメ「orange」の第1話『LETTER01』より、先行カットとあらすじを紹介する。

【写真を見る】第1話では、高校2年生の菜穂の元に、未来の自分から今後起こる出来事が書かれた手紙が届き、その通りに転校生・成瀬翔が隣の席に座る。だが、手紙には続きがあり…/(C)高野苺・双葉社/orange製作委員会

本作は、シリーズ累計発行部数450万部を突破した高野苺による同名青春SF漫画をアニメ化。主人公・高宮菜穂は、高校2年生の春、未来の自分から「手紙」を受け取る。そこには、菜穂が転校生・成瀬翔を好きになること、翔が17歳の冬に亡くなることが書かれていた。手紙の内容が現実になり、菜穂は手紙に沿って行動を起こす。

【第1話『LETTER01』】

高校2年生の春。菜穂の元に10年後の自分から手紙が届く。その手紙には今から起こる出来事がつづられていて、手紙の内容通りに、東京からの転校生・翔が隣の席に座った。

また手紙には、なぜかこの日だけは翔を一緒に帰ろうと誘わないでほしいと書かれてあった…。

なお第1話は、TOKYO MXでは7月3日(日)深夜0時より放送。その他、BSイレブン、テレビ愛知、朝日放送、テレビ信州にて順次放送となる。