大阪大学大学院の木村文隆准教授(分子神経科学)の研究グループは2016年6月30日、大麻が脳に悪影響を与えるメカニズムを解明したと発表した。「カンビノイド」という大麻の成分が神経回路を破壊するという。

研究グループは、脳の損傷や認知症の治療薬開発につながる可能性があるとコメントしている。また、脳への悪影響を科学的に説明することで、大麻をはじめ危険ドラッグ乱用防止の啓発にも活用できると期待している。