12星座【エゴサーチ】ランキング 蠍座はネガティブな意見が気になってしかたない!

写真拡大

 あなたはエゴサーチしたことがありますか? エゴサーチとは、自分の名前やハンドルネーム、または、自分のブログやツイートなどが、人からどのように評価を得ているのか、検索する行為です。ついつい、自分を検索してしまうのは誰か? 12星座ランキングにてご紹介します。

■第1位 蠍座……ネガティブな意見が気になる
 蠍座は用心深い性格。自分についてネガティブな意見を書きこんでいるのを見たら、気になってしかたないタイプ。「みんなはどう思っているのか」と、自分に対する意見がすべて気になってきます。とくに、否定的な意見には敏感に反応。「どんなやつなんだ!」と怒りながら、チェックを続けます。執念深いため、なかなか止まらないでしょう。

■第2位 水瓶座……エゴサーチを有効活用する
 水瓶座は論理的思考の持ち主です。まわりの意見に流されることが少ないため、エゴサーチをきっちり活用できるタイプ。自分がどのように人に思われているのか、冷静に判断。批判が多い点は改善してみたり、人気がある点は、さらに盛り上げてみたり……。自分にとってベストな選択ができるため、楽しみながら、サクサクと検索ができるでしょう。

■第3位 乙女座……必要性があれば戦略にリサーチ
 乙女座は情報を収集し、整理するのが大好き。チェック魔であるため、なにげなく自分をリサーチし始めたら、ハマってしまうでしょう。繊細な性格なので、批判的な言葉に落ち込みます。しかし、自分のサイトなどを広めたいと思えば、戦略的にエゴサーチを開始。どんな人がどんなときに……など、あらゆる角度から検索をし、分析していきます。

 第4位・天秤座は、愛されキャラを維持するために、さまざまな意見を参考にして、さらに自分を磨いていこうとするポジティブ派。第5位は蟹座。エゴサーチは怖いけど、みんなが自分に関心を持ってくれているかが気になって、ついつい調べてしまいそう。第6位・双子座は、自分に興味がある人を見つけ、必要と思えば、人脈をつなげていくコミュニケーション上手。

 第7位・山羊座は、プライベートではエゴサーチをしませんが、仕事や利益につながる場合は、プロフェッショナルに徹するでしょう。第8位・獅子座は自分が大好き。当然、みんなもそう思っているはず……と検索したら、悪口が! 褒めてくれる人を探そうと必死でリサーチ。第9位は魚座。応援してくれるメッセージに幸せを感じますが、ネガティブな意見にかなりのダメージ。感情のアップダウンが激しくなりそう。

 逆に、エゴサーチしないのは、第10位の牡羊座。人がどう思うと、自分らしさを失いたくないと考えています。そのため、人からの評価に興味がないでしょう。第11位は牡牛座。マイペースなので、自分を検索するなんて面倒。やる気はない様子。

 そして、第12位は射手座。好奇心旺盛で、つねに、自由でいたいタイプ。エゴサーチをしているひまもありませんが、ダメな部分、魅力的な部分、ひっくるめて、自分を見てほしいと思っているでしょう。

 エゴサーチはメリットも、デメリットもあります。どちらがいいというわけではなく、向き不向きの問題。自分が向いていないと思う人は、精神的なストレスが増してしまうので、気をつけましょう。
(金森藍加)