6月27日に米コロラド州で開催された「第100回パイクスピーク国際ヒルクライム」に新型アキュラ(ホンダ)NSXが出場。

1

「パイクスピーク」は全長19.99km、標高差1,440mの山岳コースを一気に駆け上るレースで、北米ホンダのアキュラブランドから参戦したNSXが「タイムアタック2クラス」で10分28秒820のタイムを叩き出し、クラス優勝を果たしました。

 

3モーター式の「SH-AWD」(スポーツハイブリッド・スーパーハンドリングAWD)を搭載した新型NSXは196のコーナーを持つヒルクライムステージを快調にクリアし、77台が完走したなか、総合20位をマーク。

今回優勝したドライバーはホンダの北米R&D部門で車両開発を担当するエンジニア、ニック・ロビンソン氏。

自身が何年もかけて懸命に開発してきたクルマだけに、量産車クラスで優勝した喜びもひとしおだったようです。

動画を見るにはこちら

同車の開発に関わってきたスタッフ全員の努力が実を結ぶ結果となり、開発陣にとっても幸先の良いデビューとなりました。

(Avanti Yasunori ・画像: Acura)

【関連記事】

NSXのエアロダイナミクスが100秒で理解できるムービー
http://clicccar.com/2016/06/05/376654/

あの新型NSXが日本先行上陸! ただしギアだけ?
http://clicccar.com/2016/05/28/374110/

ホンダが米国で「NSX」量産第一号車を納車
http://clicccar.com/2016/05/28/374047/

新型NSXが「パイクスピーク16」デビュー戦でクラス優勝!【動画】(http://clicccar.com/2016/07/03/383230/)