1日、落語家の司馬龍鳳が自身のブログを更新し、愛知県一宮市の職員が取った非礼を告発した。

ことの発端は、入院中の司馬が、三条公民館の職員から受けた講師依頼の電話にあるようだ。その話し方が侮辱的だったため、司馬が抗議したところ、一宮市の課長から直々に電話がかかってきたという。

司馬が改めて抗議した上、仕事を断ると、今度は「講師依頼のお詫びと報告について」と題した一通の手紙が届いたという。投稿された手紙とみられる画像では、非礼を詫びながらも「今後二度とこのような事態を招かぬよう、貴殿に一宮市立の全公民館から講師を依頼することがないように、公民館役員並びに市職員に徹底周知を図りました」と綴られていることが確認できる。
この詫び状の画像を掲載すると同時に、司馬は「この文面って、謝罪? おめー二度と使わないって恫喝じゃない?考えすぎ?」と、一宮市側の態度に疑問を呈している。そして、「とにかくこの手紙で、精神的に不調になりました」「弱いね僕」とこぼしていた。

【関連リンク】
情熱落語家龍鳳の公式ブログ - これ詫び状?

【関連記事】
松本人志 「紅白」初出場時のNHK幹部の態度を暴露「帰ってやろうかなと」
パンサー・菅良太郎が暴露した人気ハーフタレントの非礼 「アレ名前何だっけ?」
小泉今日子 若者からナンパされるも顔を見て断られる非礼