ヒモの長瀬智也を見て、目を覚ませ!?宮藤官九郎が語る、新作の裏話
 宮藤官九郎さんが脚本・監督を務め、長瀬智也さんと神木隆之介さんを主演に迎えた異色コメディ『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』が公開中です。

 地獄に落ちてしまった男子高校生の大助(神木)の前に現れたのは、ギターでロックを奏でる赤鬼のキラーK(長瀬)だった……! 完全オリジナルで作られた地獄や、小ネタ満載の物語、かっこよすぎる音楽など、期待に違わぬ作品を送り出した宮藤監督に話を聞きました。

◆トゥーマッチな感じをやりたかった

――最初に長瀬さんでやりすぎなロックをやろうと思ったところからスタートしたとか。

宮藤:そうですね。長瀬くんとロックの映画がやりたいなと。しかもトゥーマッチな感じのをやりたかったんです。その時点ではまだ、具体的に地獄とは思っていなかったんですが、異空間だったら思いっ切り振り切ってやれるかなと思って。そこから地獄に高校生が落ちてきて、鬼に会うという話になっていきました。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=545072

――地獄に高校生が落ちてくる、その大助役を神木さんに任せようと思われたのは?

宮藤:お話しを考えてから、順番でいうと、長瀬くんが鬼というのと皆川猿時くんが女子高生をやるということだけは、自分の中で決めてたんです。要するに、それくらいの嘘を許してもらえるような世界観にしようと。もともと大助は割と色のない役だったんですが、何となく物足りなくなって来て。それで以前、ドラマ「11人もいる!」で仕事をした神木くんの、振り切れた演技を思い出して、神木くんがいいんじゃないかなと思ったんです。

◆宮藤官九郎は自己評価が低い

――宮藤さんの作品は小ネタの宝庫です。生みの苦しみはあるのでしょうか? それともいっぱい出てきて整理が大変?

宮藤:しょうもない使えないものも合わせると、アイデアはいっぱい出てきますね。形を整えるのに時間がかかる感じです。生むのはそんなに辛くないというか、生まれちゃう感じなんです。ただ、生まれてきたものがお見せできる形じゃないときに、あ、こういう理由をつければ許してもらえるかなとかってことを考えていきます。

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=545076

――重なっていったものからどんどん整理して。

宮藤:はい。たぶん自己評価が低いからだと思うんですけど。くだらないこと思いついちゃったな、どうしよう、怒られるかなとか思いながら、でもまぁ、書いておこうか、みたいな。あ、そうですか、これおもしろいですか、じゃあ採用します、って感じで(笑)。

――長編映画の監督は4本目ですが、本作で脚本だけでなく監督まで務めてよかったと思われたことは?

宮藤:今回、絵コンテを全部描いたんです。全カット全シーン。すごく絵が上手になりました(笑)。あと、自分が思っている以上に“画”を気にする人間なんだということに気づきました。今まで役者に興味はあったけれど、“画”にはあまり興味がないと思ってたんです。絵コンテを描いたことで、このアングルからこうしたいとか、こういう風に撮りたいとか、思いのほか考えてる人間なんだと、それって楽しい作業なんだなと、自分の発見になりました。

◆女性は現世の長瀬の役を見て目を覚ませ?

――女子SPA!読者に、あの地獄を楽しむためのメッセージをください。

宮藤:働いている20、30代の女性って、日常が地獄かもしれないですよね。そうすると、死んだら、いまの地獄から解放されて、映画で描かれている地獄が待っていると思えば気が楽になって日常も頑張れるかも(笑)。でもまともな大人が出てこない映画なので、そういう意味ではグっとくるところはあるかなぁ(苦笑)。

――でも長瀬さんの赤鬼はすごくかっこいいです。

宮藤:あ、そういうところはぜひ観ていただければ。ただ現世の長瀬くんの役はヒモなので。ご覧になる方にも相手を選ぶときの目を覚ますきっかけにしてもらえたらと思います(笑)。

――楽曲もどれもかっこいいです! 監督がすべて作詞されていますが、メロディが付いたことで特にお気に入りになった曲を、最後に教えてください。

宮藤:「五戒の唄」ですかね。威勢のいい曲を予想していたら、ボサノバで来て。これはこのままやらなくちゃ、と思いました。あと「天誅!!」も。あんなくだらない歌詞なのに、無駄にかっこいい。曲がついたことでさらによくなるっていうのは、やっぱり嬉しいですね。

<TEXT&PHOTO/望月ふみ>

『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は全国公開中
配給:東宝=アスミック・エース
(C) 2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. / J Storm Inc. / PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. / Otonakeikaku Inc. / KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』オフィシャルサイト http://tooyoungtodie.jp/