30日、独国際放送ドイチェ・ヴェレ(中国語電子版)は、将来的にジェット旅客機の生産大国になることを目指す中国について「米ボーイングや欧州エアバスのような航空機メーカーをつくれるか」と題する記事を掲載した。

写真拡大

2016年6月30日、独国際放送ドイチェ・ヴェレ(中国語電子版)は、将来的にジェット旅客機の生産大国になることを目指す中国について「米ボーイングや欧州エアバスのような航空機メーカーをつくれるか」と題する記事を掲載した。

独紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングによると、中国発の国産ジェット旅客機「ARJ21」が28日、運航を開始した。初の商用フライトは同日午前、四川省の成都から上海便。乗客約70人を乗せて飛んだ。

中国国務院は00年に「ARJ21」の開発計画を発表。08年には初飛行に成功した。中国は航空機産業の育成を目指す国家計画を掲げており、中でも短距離・中距離の小型ジェット機市場に活路があるとにらんでいる。「すでに300機の受注に成功した」と強気の構えだ。

中国政府の狙いは、ボーイングやエアバスにとっての「安価な生産拠点」から脱し、自前の航空機を世界に売り込むことだ。一方、中国企業は独の産業ロボット生産大手・クーカも買収にも乗り出しており「自前の生産大国化」へ足場を固め始めている。(翻訳・編集/大宮)