日本ツアーでも人気のキム・ハヌル

写真拡大

 日本ツアーで注目される韓国ゴルフ界の人気者が、「スマイル・キャンディ」の愛称を持つイ・ボミと、「スマイル・クイーン」の愛称で知られるキム・ハヌルの2人だ。いまや人気を二分する存在となったキム・ハヌルとイ・ボミだが、彼女たちにはいくつもの共通点がある。

 2人は1988年生まれの同い年で、ともに韓国・京畿道出身。自宅は車で15分の距離にあるご近所さんだ。ゴルフを始めたのも同じ12歳で、最終学歴もともに建国大学校卒業である。

 プライベートでの2人は非常に仲が良い。試合で顔を合わせると談笑する姿がよく見られる。だがいざ競技が始まると、対抗心を剥き出しにする。青を勝負カラーとするキム・ハヌルに対し、イ・ボミはピンクや赤。コースで身につける色がまったく違うのも印象的だ。

 実はキム・ハヌルには、イ・ボミに常にリードを許してきた過去がある。2人のライバル関係はジュニア時代から始まった。同世代には朴仁妃、申ジエ、崔羅蓮、アン・ソンジュらがいる黄金世代。その中で、見事ナショナルチームの候補生に選ばれたイ・ボミに対し、全国大会での優勝実績がないキム・ハヌルは代表候補には選ばれなかった。

 しかしプロで先に頭角を現わしたのはキム・ハヌルだ。2006年にプロ入りし、下部ツアーで実績を積んだ後、2008年にはレギュラーツアーで3勝を挙げ、賞金ランク3位に食い込む健闘を見せた。イ・ボミも1年遅れてプロ入り。2年目には下部ツアーの賞金女王となるなどライバルを猛追、3年目の2009年にはキム・ハヌルと同じ土俵で戦うことになった。

 この年、キム・ハヌルは未勝利ながらトップ10入り7回を果たし、賞金ランク7位に食い込む。ところが、イ・ボミは初優勝を含むベスト10入り8回で賞金ランク5位。キム・ハヌルは1年遅れてプロ入りしたライバルにあっさり抜かれてしまったのだ。イ・ボミはそのまま快進撃を続け、翌年の韓国ツアーで賞金女王になると、そのオフに日本ツアーのQTに挑戦し、翌2011年からの日本ツアーに参戦した。

 キム・ハヌルもイ・ボミを追いかけ日本ツアーに参戦したかったが、それは叶わなかった。ファンクラブまで持つ人気選手の海外流出を、韓国ツアーのスポンサーたちが認めなかったのだ。だが、韓国ツアーに残った彼女は奮起し、2011年と2012年に2年連続で賞金女王を獲得。実力で周囲を黙らせ、イ・ボミから遅れること4年、2015年から日本ツアーに参戦する。

 キム・ハヌルが日本デビューしたその年に、国内史上最高の2億円で賞金女王になったのはイ・ボミだった。ライバルの参戦が発奮材料になったのは間違いない。今後も日本ツアーは人気面、実力面ともにこの2人が牽引していくだろう。

 神戸のマンションを拠点にツアーを転戦するイ・ボミに対し、キム・ハヌルは今年からホテルを拠点に活動し始めた。

「1年目はマンションを拠点にしていましたが、練習時間を確保するためにホテル暮らしを始めました。試合が終わると次の会場近くのホテルに移動し、練習日は早朝からゴルフ場に向かうという生活を送っています」(マネージメント会社)

 今年にかける彼女の並々ならぬ決意が感じられる。ラウンド後、コースの打撃練習場では専属コーチについてスイング修正をするキム・ハヌルの姿があった。

 素晴らしいライバルがいて、さらなる上を目指して努力をする。強い選手とはこういう選手だ、という手本を見たような気がした。

◆キム・ハヌル:1988年12月17日、韓国・京畿道生まれ。27歳。建国大卒。12歳でゴルフを始め、韓国ツアーでは2011年、2012年の賞金女王に輝き、通算8勝。2014年に日本ツアーのQTに挑戦し、14位で出場権を獲得。2015年から本格参戦し、9月の「マンシングウェアレディース」で初優勝を飾る。1年目は賞金ランク23位でシード権を獲得。2年目の今シーズンは3月の「アクサレディス」でツアー2勝目を挙げた。170cm、58kg。家族は両親と弟。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2016年7月8日号