クリホヴィアクがPSGとの交渉を認める、「交渉は進行中。将来に関しての発表はもうまもなく」

写真拡大

▽セビージャのポーランド代表MFグルゼゴルツ・クリホヴィアク(26)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍は、もうまもなく決着するようだ。同選手がフランス『RMC』でPSGとの交渉が進行中であることを認めた。

▽先月末にセビージャのヨーロッパリーグ3連覇に貢献したウナイ・エメリ新監督の招へいを発表したPSGは、新指揮官が獲得を望むクリホヴィアクの獲得に動いていると報じられた。

▽一部では、PSGが既にクリホヴィアクとの個人間合意を取り付け、4500万ユーロ(約51億1000万円)に設定されているといわれる契約解除金を支払うことで、大筋合意しているとの報道もある。

▽そして、渦中のクリホヴィアクは『RMC』でPSGとの交渉が進行中であることを認めている。

「(PSGとの)交渉が進行中であることは事実だよ。ただ、PSGとの合意には至っていない。しかし、ユーロ2016でポーランドが敗退した今、自分の去就に関するニュースはすぐにあると思うよ」

▽なお、クリホヴィアクはボルドーでプロキャリアをスタートし、セビージャに移籍するまではスタッド・ランスでプレーしており、リーグ・アンへの適応は全く問題ない。リーグ・アン初挑戦となるエメリ新監督にとっては、自身の戦術とリーグ・アンを知り抜くクリホヴィアクの加入が決定すれば、強力な援軍となるはずだ。