1日、騰訊新聞によると、浙江省寧波市で5歳の男の子が、排水管に頭を突っ込んだまま抜けなくなった。

写真拡大

2016年7月1日、騰訊新聞によると、浙江省寧波市で5歳の男の子が、排水管に頭を突っ込んだまま抜けなくなった。

男の子は当時、近くにあった排水管をかぶり、ヘルメットにして遊んでいたという。結局、両親が近くの消防署に連れて行き、男の子は無事救出された。中国では同様の事故が何度も起きており、先月にも同省の温州市で子どもが排水管に頭を突っ込み、消防隊員に救出されている。(翻訳・編集/北田)