2日、菅義偉官房長官は緊急記者会見し、バングラデシュの首都ダッカのレストランで人質事件が発生、安否不明だった日本人7人の死亡が確認されたと発表した。国際協力機構(JICA)関連のプロジェクトに参加する企業に勤める男性5 人、女性2 人という。写真は安倍首相。

写真拡大

2016年7月2日、菅義偉官房長官は緊急記者会見し、バングラデシュの首都ダッカのレストランで人質事件が発生、安否不明だった日本人7人の死亡が確認されたと発表した。国際協力機構(JICA)関連のプロジェクトに参加する企業に勤める男性5 人、女性2 人という。政府は家族らの移送などのため、3日に政府専用機を現地に派遣する。

菅長官は「犠牲者の冥福を心からお祈りする。いかなる理由でもテロは許されるものではなく、断固非難する」と語った。

安倍晋三首相は首相官邸で、「痛恨の極み。今回の残虐非道なテロによって罪のない多くの人の命が奪われた。強い憤りを覚える」と表明した。

岸田文雄外相は、「国際社会としてテロに対して強い非難のメッセージを発しないといけない」と言明。日本が議長の国連安全保障理事会でテロ非難の声明をまとめる方針を明らかにした。(八牧浩行)