離婚原因別の慰謝料の相場とより高額の慰謝料を獲得する方法

写真拡大

ふたりが愛し合って決めた結婚。誰もが幸せな家庭生活がずっと続くと信じて結婚するわけですが、残念ながら時の流れによって夫婦の仲が冷めきってしまい、離婚する夫婦は多くいます。なかには、不倫やDVといった悩みを抱える人も少なくありません。

しかし、もしあなたが不倫やDVが原因で離婚という選択をする場合、相手への慰謝料をどうように考えますか? 正しい申し立ての方法や適切な金額の相場など、知らないことだらけではないでしょうか。

そこで今回は、離婚時の慰謝料について詳しく解説していきます。あらかじめ知識を身に付けて、もしものときの心配を軽減しておきましょう。

 

■1:離婚慰謝料とは何か

離婚に関する慰謝料とは、離婚をすることによって受けた精神的苦痛に対して支払われる金銭のことをいいます。離婚の原因となる不倫や浮気、DVなどの有責行為を行なった配偶者に対し、もう一方の配偶者が請求できるものです。つまり、有責行為を行なった配偶者に対する損害賠償請求であるといえます。

 

■2:慰謝料を請求できるケース

離婚をすれば慰謝料をもらうことができると考えている人も多いのですが、これは誤りです。

一方の配偶者が有責行為を行なったとはっきりと認められない限り、慰謝料を請求することはできません。では、具体的にどのようなケースであれば慰謝料請求をすることが可能なのでしょうか?

(1)不倫や浮気をされた場合

配偶者が不倫や浮気をした場合は、慰謝料の請求ができます。ただし、これは継続した不倫関係が認められることが条件になります。たった一夜限りの関係であった場合などは請求が難しく、たとえ請求することができても慰謝料の金額は少ないケースがほとんどです。

(2)DVやモラルハラスメントを受けた場合

配偶者の言動によって苦痛を受けた場合も、慰謝料の請求が可能です。殴られたり蹴られたりといった肉体的な暴力のほか、言葉によって追いつめられる精神的な暴力も含まれます。また、これは自分自身だけではなく、子どもが被害にあった場合でも認められることになっています。

(3)悪意の遺棄が行なわれた場合

夫婦には「同居義務」「協力義務」「扶助義務」という3つの義務があります。そして、配偶者がこの義務を怠った場合、つまり“悪意の遺棄”が認められた場合に慰謝料請求をすることができます。

悪意の遺棄とは、夫が専業主婦である妻に生活費を渡さない、夫は健康であるにも関わらず働いてくれない、夫が自宅以外にマンションを借りて生活しているなどが挙げられます。

(4)セックスを拒否され続けた場合

双方が納得のうえでのセックスレスではなく、一方が性交渉を求めていても納得のできる理由がないまま拒否されるといった状況が続いた場合、慰謝料を請求できる可能性がでてきます。

 

■3:慰謝料の相場

では、上記のようなケースに当てはまる場合に、慰謝料の金額はどの様に決まってくるのでしょうか?

慰謝料の金額については、ある程度の相場はあるものの、はっきりとした算定基準がありません。ここでは、「どのようにして慰謝料の相場は決まるのか?」「またその相場はどの程度の金額になるのか?」といったことをお話していきます。

(1)相場を決める要素

慰謝料の相場は、過去の離婚裁判の判例や、夫婦が離婚を決意するに至った原因やその経緯といった様々な事情を踏まえたうえで算定されます。

多くの場合は、夫婦間においてさまざまなことが起こり、それが解決されないまま複雑に絡み合って離婚に至ります。そのため、慰謝料の相場はあくまでも目安の金額であって、実際の慰謝料の金額はその夫婦によって異なります。

(2)具体的な金額

慰謝料の相場は、ケースごとに以下のようになっています。

・不倫や浮気が認められた場合 100〜300万円

・DVやモラルハラスメントが認められた場合 50〜300万円

・悪意の遺棄が認められた場合 50〜300万円

・セックスレスが認められた場合 100〜300万円

 

■4:慰謝料の請求方法

慰謝料を請求する方法としては、交渉によって請求する方法と、裁判によって請求する方法の2通りがあります。また、交渉によって請求する場合には、書面で請求を行なう方法と口頭(電話も含む)によって請求を行なう方法があります。

一般的には、まず交渉による請求を行ない、うまく話が進まなかった場合に裁判による請求が行なわれます。

 

■5:慰謝料を多く貰うために必要なこと

慰謝料を少しでも多く請求するためには、証拠をしっかりとおさえておくことが重要です。

では、どういった証拠があれば慰謝料請求の際に有利な証拠として扱われるのかを、ケースごとにご紹介していきましょう。

(1)不倫や浮気による慰謝料請求を行なう場合

明らかに不倫相手との肉体関係が認められるようなメールや手紙、また配偶者本人が不倫の事実を認めた際の会話内容のメモなどがあると有利です。配偶者と不倫相手との間の肉体関係を証明できるようなものを、できる限り多く集めるようにしましょう。

(2)DVやモラルハラスメントによる慰謝料請求を行なう場合

肉体的な暴力であれば、実際に受けた外傷の写真や診断書があるといいでしょう。精神的な暴力を受けた場合は、診断書や通院の記録が証拠となります。また、それぞれの暴力を受けた日時や場所などを記録したメモも有効です。

(3)悪意の遺棄による慰謝料請求を行なう場合

生活費を渡してもらえなくなったことが分かる通帳や家計簿の記録、賃貸借契約書などの別居先がわかる資料などがあるといいでしょう。

(4)セックスレスによる慰謝料請求を行なう場合

セックスレスである期間が分かるような日記などや、日々の就寝に至るまでの行動を書いたメモなどがあるといいですね。

 

幸せだと実感できる夫婦生活が長く続くといいのですが、そうでないことも考えられます。もしもの時に冷静に対処できるよう、こうして慰謝料に対しての知識を深めておくことはとても重要です。

離婚の際には、自分が受けた苦痛に対して少しでも多く慰謝料を請求し、新しい生活への蓄えとしたいですね。

 

【関連記事】

※ 2位世間体!夫が「離婚をギリギリで踏みとどまった理由」1位はやっぱり

※ 一体いくら貰えるの!? 「夫に原因がある離婚」の赤裸々な慰謝料事情

※ 不倫女性が慰謝料をチャラにする「法律の抜け穴」の存在とは

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 旦那の「愛が冷めた理由」は、あなたの体の〇〇にあるかもしれない

※ 最新のBBクリームは「エイジングケア」もできるらしい

※ 忙しいママ向けの「幻の美容液」を知っていますか?

 

【姉妹サイト】

※ 「事実婚」を選択すると…!? 働き女子へのメリットとデメリットとは

※ 枕営業ならOK?不倫相手が水商売だと「妻は慰謝料を取れない」のか

 

【画像】

※ pgaborphotos / Shutterstock

※ さわだ ゆたか / PIXTA(ピクスタ)

※ Andrey Burmakin / Shutterstock

※ goodluz / Shutterstock

※ Andrey_Popov / Shutterstock

※ KY / PIXTA(ピクスタ)

※ freeangle / PIXTA(ピクスタ)