リオ五輪開催を前に経済的、政治的に混迷のブラジル 日本企業の対応は

ざっくり言うと

  • 経済不安が続くブラジルでの事業をめぐり、日本企業の対応が分かれている
  • 旭硝子は3月に新工場を建設し、住友化学も今秋に研究開発拠点を新設する
  • 一方で日本板硝子は拠点を削減し、造船会社は市場に見切りをつけつつある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング