<長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ 3日目◇2日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,167ヤード ・パー72)>
 国内男子ツアー『長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップ』3日目の競技が終了。トータル9アンダー・首位タイからスタートした谷原秀人が5つスコアを伸ばし、トータル14アンダー・単独首位で独走態勢。今季日本勢3勝目へ向けて視界は良好だ。
イケメン2人が上位に浮上!国内男子ツアーフォトギャラリー
 「これで勝てなければ話にならない」と最終日への意気込みを話した谷原にはいいジンクスも…。過去に単独トップで最終日を迎えたことが4度あるが、逆転を許したことは1度もないだけに、逃げ切りのビジョンは作られているだろう。
 谷原と最終組で回るのは4打差のタンヤゴーン・クロンパと、5打差のプラヤド・マークセン。今大会は5位タイにつけるチャプチャイ・ニラトも含めてタイ勢が好調で、特にクロンパは2戦連続での最終日最終組。「谷原さんはステディなゴルフをしているのでなかなか難しいかな」と語るも、同郷のレジェンドも加わった優勝争いに「最終日最終組で一緒にプレーするには初めてのこと。タイのプレーヤーがみな頑張っているのはすごい嬉しいし、自分も励みになる」と気合が入る。またシニア入りしてもまだまだレギュラーで優勝を狙える力を保っているマークセンも「トップ5を狙いつつ、チャンスがあれば…」と虎視眈々と優勝を狙っている。
 6打差・トータル8アンダーにつける日本勢の矢野東、重永亜斗夢も不調を抱えながらも全力を尽くす構えだ。矢野はショットは尻上がりに調子を上げながらも、なかなか決まらないショートパットに苦笑い。だが「明日は全ホールピンを狙っていく。そのなかで1つでも多くパットが決まれば」とショット力での猛ラッシュ狙い。重永は今大会通して首痛に悩まされたが「痛さに気がいって(逆に)いい意味で集中できている」とスコアをまとめる自信が伺える。谷原の絶対的有利は変わらないが、追いかける選手たちの活躍にも期待したい。
【3日目の順位】
1位:谷原秀人(-14)
2位:タンヤゴーン・クロンパ(-10)
3位T:プラヤド・マークセン(-9)
3位T:マイケル・ヘンドリー(-9)
5位T:チャプチャイ・ニラト(-8)
5位T:矢野東(-8)
5位T:重永亜斗夢(-8)
8位T:塩見好輝(-7)
8位T:今平周吾(-7)
8位T:H・W・リュー(-7)
8位T:デービッド・オー(-7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>