1日、台湾の人気ロックバンドMaydayのコンサートで、チケット転売業者が体を条件にチケットを渡すと持ちかけたことが明るみになり、話題になっている。写真はMayday。

写真拡大

2016年7月1日、台湾の人気ロックバンドMayday(五月天)のコンサートで、チケット転売業者が体を条件にチケットを渡すと持ちかけたことが明るみになり、話題になっている。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

日本でもデビューし、昨年8月には武道館コンサートを行った5人組ロックバンドのMayday。今月23〜24日、台北アリーナでコンサートを開催するが、約4万枚のチケットは発売開始から3分間で完売。ネット上ではチケットを求める多くの声が上がり、3800台湾ドル(約1万2000円)のチケットを12倍の値段で取り引きする転売業者まで出現した。

そんな中、あるファンが公開した転売業者とのメール内容が話題に。チケットの価格交渉をする内容だが、「学生なのでそう多くは出せない」と訴えるファンに対し、「ある条件をのむならタダで提供する」と転売業者が回答。その条件とは、ホテルで一緒に過ごすというものだった。

メール記録を見たネットユーザーからは、「恥知らず」「吐き気がする」「絶対に引っかからないで!」などと転売業者への批判が噴出。Maydayの所属事務所でもフェイスブックなどを通じ、こういった業者の誘いには決して乗らないように呼び掛けている。(翻訳・編集/Mathilda)