多忙なあなたに「数字のない時計」が教えてくれるもの

写真拡大

Kickstarterに登場した「Today」は、時間を新しい切り口でとらえ、考えさせてくれるきっかけを与えてくれる。

SLIDE SHOW 「多忙なあなたに「数字のない時計」が教えてくれるもの」の写真・リンク付きの記事はこちら
today01

2/4「TODAY」の青色のグラデーションは、まるで飛行機の窓から見た景色のようだ。
PHOTOGRAPH BY KENNETH BACHOR

today03

3/4この時計は、現在の多忙な日々の生活を「スローダウン」するきっかけを考えさせてくれる。
PHOTOGRAPH BY KENNETH BACHOR

today02

4/4PHOTOGRAPH BY KENNETH BACHOR

Prev Next

いつの時代においても、人々の生活は「時間」に縛られている。きっちりと正確に刻まれ永遠に続くこの時間に、人は一体どう向き合ったらよいのだろうか。

「世界中にそうした不安が広がり、人々は時間が足りないと感じているのです。どう時間と関わるか。この問題は人々に大いに関係していると思うのです」とスコット・スリフトは言う。

時間をいかにとらえるか

約5年前、スリフトは時計の数字が無く、ただ1本の針が季節を表す色合いの虹のグラデーションの上を動く時計「The Present(現在)」をデザインした。この時計の針が1周するのに丸1年365日を必要とする。針はとてもゆっくりした動きで、まるでまったく動いていないかのようだ。

スリフトが目指したのは、人々がこの時計を見ることによって、もっと時間に「ゆとり」を感じさせることだった。この時計はよりマインドフルな生き方を支持する層に受け入れられ、人々は喜んで「人生のランニングマシン」から足を下ろすきっかけになった。スリフトは、この時計を市販化するためにKickstarterで10万ドル近くを集め、いまではMoMAデザインストアで購入できる。

今度の時計は1周で「24時間」

そしてあらたに、スリフトは「Today」と呼ばれる時計も生み出した。この時計の針は(365日ではなく)24時間で1周する。

「より実用的にしたんです」と彼は言う。The Presentと同様にTodayにも文字盤には数字が無い。

Todayは4つの領域に分けられている。それぞれ、いちばん上は「正午」、時計回りに「午後6時」、「真夜中」、そして「午前6時」となっている。通常の時計の半分のペースで動くので、針は毎日1回転する。

現代人は、常に締切を抱えている

時計を手がけるようになる前は、映画を制作していたというスリフト氏だが「どう時間を捉えるか」について思い巡らすことが常に好きだったという。映画をつくるということは、根本的にそこにたどり着くという。

彼の時計が実際時間を変えるようなことはもちろんないのだが、Todayが刻む時間は、精神的に分刻みに縛られない世界だ。

現代人は締切や約束を抱えている。しかし、スリフトは人々の時間のとらえ方を変えることが、時間に対しどう対応するかを変えるきっかけになるのでは、と確信している。