2枚のレンブラント──片方はストックフォトでつくった「贋作」です

写真拡大

アドビは世界各地のアーティストに依頼し、「アドビ・ストック」の画像だけを使用して、盗まれたり焼失したりした名画を再現してもらった。レンブラントの再現プロセスなどを動画とギャラリーで紹介。

SLIDE SHOW 「2枚のレンブラント──片方はストックフォトでつくった「贋作」です」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-rembrendt-ankur-f-closeup-1024x604

2/3パター氏は、レンブラントが数百年前にそうしたように、自らを作品のなかに描きこむこともした。注意深く画像を見てみると、ボートの手前部分にパター氏がいるのがわかるだろう。

03-wip-802x1024

3/3制作プロセス。最初に背景から始めた。

Prev Next

冒頭の画像のひとつはレンブラントの作品で、もう一方はそうではない。両方ともほとんど同じに見えるが、左側の画像は絵画ではないのだ。

右側の絵画は、レンブラントによる1633年の作品『ガラリアの海の嵐』。キリストと弟子たちを乗せた船がガラリア海で嵐に巻き込まれる聖書の一場面を描いたものだ。左側はそれを再現したもので、約250枚のストックフォトから構成されている。

名画の再現は、インドのデジタルアーティスト、アンクル・パターが行った。アドビは同社製品「Creative Suite」の性能を示すマーケティングの一環として、パター氏を含む4人のアーティストに依頼し、「Adobe Stock」の画像だけを使用して、失われたり、破損したり、盗まれたりした名画を再現してもらったのだ。

結果的に、認めざるを得ないほど非常に素晴らしい作品ができあがった(『ガラリアの海の嵐』はボストンのガードナー美術館に所蔵されていたが、1990年に盗難にあい、行方がわかっていない。ほかの再現作品は、第二次大戦時に焼失したカラヴァッジオの『聖マタイと天使(第1作)』や、美術館への輸送中に紛失したフリーダ・カーロの『傷ついたテーブル』など)。

この名作を再現するのに、パター氏はほぼ20日間を費やした。似たようなストックフォトの画像を見つけることは手始めに過ぎなかった。「絵画のように筆で描く必要がありました」と同氏は説明している。

パター氏は画家がそうするのと同じように、背景から前景へと作業を進めた。最初は雲から始めて、水、ボート、そして人物へと移っていったのだ。

パター氏によると、雲の形は何とか描くことができたが、レンブラント特有の光を見つけ出すことが重要だったという。「この画像は逆光でなくてはならなかったのです」

パター氏は当初、再現するのに最も簡単な部分は水だと思っていたが、それは違った。最初の計画では、大波の画像を見つけ、それをレンブラントの絵画に描かれている水の形に似せて変化させるつもりだった。結局のところ、大波を再構成するには、約20枚の画像を組み合わせることが必要だった。「水に当たる光が非常に複雑でした。水面にスポットライトが当たっているかのようなのです」と、パター氏は説明する。

ボートは、1枚の板ごとに構成した。それぞれの板には異なる質感の異なる画像が必要で、その後適切な形に湾曲させた。人物の顔の部分は、3、4枚のストックフォトから部分的に選び出してそれらを組み合わせた。アドビがスポンサーになったフランケンシュタインのようだ。

パター氏は、レンブラントが数百年前にそうしたように、自らを作品のなかに描きこむこともした。注意深く画像を見てみると、ボートの手前部分にパター氏がいるのがわかるだろう(原作では、帽子を風に飛ばされないように押さえつけながら、ロープを掴み、唯一こちらを見ている男がレンブラント。パター氏はその顔を自分のものに変えている。以下の動画で制作プロセスが説明されている)。