梅雨空が続くと気持ちも体調もイマイチに

写真拡大

【羽鳥慎一モーニングショー】(テレビ朝日系) 2016年6月28日放送 「梅雨だるの恐怖」

梅雨時は何となく体が重い、ひざが痛む、頭痛に悩まされる。こんな人が少なくないようだ。

ジメジメした空気に、どんよりした空模様のせいで気分が落ち込み、体の不調を感じるのだろうか。医師によると、こうした症状は決して「気のせい」ではないという。

女性はめまい、だるさ、頭痛起こしやすい

番組には、医師向けコミュニティーサイトを運営する「メドピア」社長で内科医の石見陽氏が登場。同社が実施した現役医師10万人アンケートで、梅雨時に増える病気をたずねたところ、1位はぜんそくと肺炎、2位はうつ病、3位が頭痛となった。このうちうつ病と頭痛は「梅雨だる」と呼ばれる。

MCの羽鳥慎一アナ「梅雨だる、知ってますか」
宇賀なつみアナ「聞いたことなかったです。『つゆだく』かと思いました(笑)」
羽鳥「菅野さんは?」
菅野朋子弁護士「わかりますよ、『つゆだく』」
玉川徹ディレクター「そっちの話ですか」
菅野「あ、ゴメンナサイ。お腹すいているんです(笑)」

「梅雨だる」の症状で挙げられたのは、ひざの痛みや体の重さを感じる、といったものだ。宇賀アナも頭痛に悩まされるという。「気のせいかもしれませんけど、天気が悪いと...」と浮かぬ顔。実は女性の6割が、めまいやだるさ、頭痛、肩こり、イライラを起こすそうだ。なぜ女性が多いのか。

石見医師「原因ははっきり分かっていませんが、女性ホルモンの影響、また気候の変動の影響を受けやすく自律神経のバランスが崩れやすい」

再び医師アンケートで、「梅雨で体調不良になる原因」をたずねた結果を発表した。医師が考える理由トップは、気圧の変動だ。低気圧が梅雨だるを引き起こすとみられる。

スパイシーフードにニンニク、レンコンもいい

各症状のメカニズムは、こうだ。まず頭痛。低気圧により脳内の血管が拡張し、神経を圧迫する。宇賀アナは「気のせいじゃないんですね」と目を丸くした。予防・解消法を医師にたずねたところ、30代麻酔医の答えは「コーヒーを飲む」。コーヒーには血管を収縮する作用があるからだ。また30代一般内科医は「ガムをかむ」という。あごを動かして筋肉をほぐす、また交感神経を不活化してリラックスさせる効果が期待できる。

次に関節痛。水と性質の似た関節液が湿気で増えて膨張し、やはり神経を圧迫して起きる。医師の対処法は、体の水分を減らすために部屋を除湿する、血流を良くするために患部を温める、が紹介された。

最後に、めまい。耳の奥にある「内耳」という、体の平衡感覚をつかさどる器官が気圧の変化に反応。自律神経のバランスが崩れて起きる。こうした症状にかかわっているヒスタミンという物質を抑えるための薬を服用する、低気圧そのものに慣れるため予防に登山をする、という医師もいた。

梅雨だるの有効な対策のひとつは、ツボの刺激だ。東京有明医療大・川嶋朗教授が勧める2つを、番組では紹介した。ひとつは低気圧対策のために、内側のくるぶしから指4本ほど上にある「三陰交」(さんいんこう)というツボを押したり、お灸を使ったりする。もうひとつは湿気対策だ。足の裏の親指下にある出っ張った箇所の内側、「湧泉」(ゆうせん)と呼ばれるツボに注目する。利水作用があり、体内の余分な水分を外に出しやすくなる。

血流促進や体を温めるには、食べ物にも気を付けたい。スパイシーな食品やレモン水のようなクエン酸、ニンニクを医師たちは推奨する。加えて、石見医師自身はレンコンを挙げた。

石見医師「レンコンは利水作用と抗ヒスタミン作用があると言われており、この時期にはお勧めですね」