30代オトコの部屋座談会 vol.3「元カノとの思い出グッズ、どうしてる?」

写真拡大

前回の「30オトコの部屋と女の子編」に引き続き、30オトコのルーム事情を追求すべく決行した覆面座談会、最終回です。

※本日の出演者たち(左から)
kenken:建築コンサル営業(30歳)
吉祥寺住たろう:写真家(29歳)
本日の司会者(40歳)
落語家:編集者(31歳)
マッキー:会社員・マーケティング担当(31歳)


30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

女子が置いてく“お泊りセット”は捨てる



──予期せぬときに部屋に女子が来たらどうしますか?

落語家:押入れに全部押し込むとか。

吉祥寺住たろう:たまたま飲んでて「これから行ってもいい?」みたいな感じですよね。

kenken:だいたい“ヤバい場所”って自分でわかりますよね? 例えば違う歯ブラシが2本あったりとか……頭の中にそういうのがわかっているから、一瞬で処分する。

マッキー:それはね、ありますあります(笑)。

kenken:先に部屋に入って、自分のではない服をサッと片付けるとか。

──お泊りセットみたいなのを置いていく女子がいるじゃないですか。化粧水とか。その場合はどうしますか?

マッキー:捨てますね。

吉祥寺住たろう:それで僕、ハブラシ捨てたんですよね。

kenken:徐々に増やしていく人いますよね。付き合ってもいないのに。パジャマ持ってきたり。

一同:えー!

落語家:マーキング的行為は全部NGですよね。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

──好きな子でもダメ?

落語家:好きな子だったら……どうだろうな?

マッキー:好きだったらそのまま付き合えばいいじゃないですか。

──好きでもない子がマーキングするのがダメ?

マッキー&kenken:そうですね。

──付き合いたいと思ったとき、どれくらいのタイミングで部屋に招き入れますか?

落語家:もう大人なのでいつでもウェルカムですね。

マッキー:うんうん。

kenken:うんうん。

吉祥寺住たろう:うんうん。

──デート行って飲んで帰ってこの流れで行っちゃってもいいけど、今部屋に連れて行くのはヤバイなってときはありますよね?

吉祥寺住たろう:でもデート行く前キレイにしておきません?

マッキー:基本的にはそうですね。可能性としては読めるから。もしかしてと。

kenken:最悪な場合を考えておく。

──ちなみに合鍵は渡す派?

吉祥寺住たろう:彼女だったら渡します。

落語家:渡さないかな。

kenken:渡さないですかね。

マッキー:僕は彼女だったら渡しますね。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

──鍵を渡すのはいつ来てもいいというメッセージですよね。

マッキー:そうですね。好きにしてくれと……いや連絡なしで来られたら嫌かな。そういえば一回それで彼女とケンカしたことがあった(笑)。

吉祥寺住たろう:でもいきなり勝手に部屋に入ってて、料理が作ってあって、食べてね、みたいな置き手紙があったらうれしくないですか(笑)?

マッキー:それはいいっすね、あったかいっすね。

kenken:昭和な感じですね(笑)。

落語家:俺はNGっすね〜(笑)。重いし、自分が食べたいタイミングで食べたい(笑)。自宅で仕事をすることが多いので、そう思うのかもしれないですけど。

kenken:嫌じゃないんですけどね……特に……やましいこともないし。付き合ってなくても女の子が泊った翌日には鍵を置いていって、好きな時間に帰っていいよ、鍵はポストに入れておいて、みたいなことはします。

落語家:そういうのは全然あり。

NEXT >>「まだ元カノの下着がうちにある…」

まだ元カノのTバックがうちにある



──元カノとの思い出グッズはどうしてますか?

kenken:一個ありますね。同棲してたんですけど、別れて彼女が出ていって。で、何気なく靴下とか下着が入っているボックスを見たら、彼女のTバックが入ってたんですよ。すぐに彼女に下着忘れてるよ、と連絡したところ、お守りに持っておいてと(笑)。

マッキー:それ持ってるんですか?

kenken:はい、今もまだ。使わないんですけど、捨てる必要もないしとりあえず入れておこうかなと。

──kenkenさんは手紙も捨てないとのことですが、元カノからの手紙も?

kenken:ありますね。卒業アルバムとか地元から全部持ってきてるので。そういうものを入れた思い出ボックスみたいなのがあるんですけど、高校時代に授業中にやりとりした手紙とか……。

マッキー:ああ、やった。それが残ってるのスゴいですね! 物持ちがいい。

吉祥寺住たろう:僕もありますね。逆に実家に全部おいてありますけども。いつ親が発見するかヒヤヒヤですけどね(笑)。

マッキー:そんな過去の話、見られてもいいじゃないですか。

吉祥寺住たろう:恥ずかしいじゃないですか(笑)。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

落語家:僕は多分ないですね。何かしらあるかもしれないけどパッと思いつかない。あっ、今使ってる名刺入れはもらったやつだ(笑)。

マッキー:ひとつありますね。テレビ台にブタの貯金箱を置いてあるんですが、当時付き合ってた彼女が持ってきたやつなんです。彼女は当時、僕の家に泊まりに来るたびにお金を入れてたんですよ。将来一緒に住むためにって。

──ウチの嫁がそれ、やってましたね。来るたびに500円玉とか1,000円札とか。結構たまるんですよね。泊まりに来たときの光熱費として、気を使ってたみたいです。

落語家:それは女性のテクニック的なものなんですかね?

──雑誌とかで、彼を落とすマル秘テクみたいに載ってたんじゃ……。

kenken:でもハブラシとかと違って捨てられないですよね、貯金箱だとお金が入ってるわけだし。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

マッキー:そうですね。お金入ったままで開けてもいないし。5年くらい放置してますが、思い出といえば思い出の品ですね。

──残しておく人、理由は?

吉祥寺住たろう:手紙だったら日記のような感じで、そのとき何があったとか、振り返って読むことがありますね。たまに友達を連れて実家に帰って思い出話を楽しんだりします。ちょっと気持ち悪いですけど(笑)。

kenken:誰に見せるわけじゃないですけど、写真と一緒で捨てられないですね。写真や手紙も見るだけで、その思い出がフラッシュバックして……。

吉祥寺住たろう:結婚が決まったら捨てるつもりでいますけどね。

NEXT >>自慢のハーゲンダッツで「お・も・て・な・し」

自慢のハーゲンダッツで「お・も・て・な・し」



──泊まりに来たときにどういうおもてなしをしますか?

落語家:スリッパを出します。男用と女用の来客用スリッパを用意しているので。

一同:すごい。ていねい!

落語家:女子が泊まりに来るのがわかってて、スリッパを買おうと思ったんですけど、でも女子用だけあるとちょっと胡散臭いなと(笑)。一応男用も買ったわけなんです。

kenken:スリッパって誰が履いたのかわからないって言われちゃうと嫌だから、逆に用意しないですね。

マッキー:アイスクリームが好きでよく食べるんで、ハーゲンダッツを常時20種類くらい置いてあるんですよ。その種類から選ばせてあげると、けっこう喜ばれますよ。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

Kenken:僕はピノ派なんです。開ける瞬間に“星ピノ”があるかないか(笑)。それで盛り上がりますね。あと僕は風呂に入りながらアイスを食べたりします。長風呂なんで。常備置いてありますね。で、女の子が来たら出す。

吉祥寺住たろう:今夜、アイス買って帰ります(笑)。自分流のおもてなしはモカを入れるくらいですね。

落語家:職業をいかして写真を撮ってあげるとかは?

吉祥寺住たろう:そのときによってありますね。元カノの写真とか超いっぱいあるんですよね(笑)。捨てづらいのが、思い出の写真じゃなくて、半分“作品”みたいになってて。新しい彼女ができたときに「写真見せて」と言われて見せると、左のページに前の彼女、右のページに新しい彼女っていう痛い状況になってしまってます(笑)。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

──意中の女性を絶対落とす、30オトコの必殺技はありますか?

kenken:冬場は圧力鍋でシチューを作ることですかね。

吉祥寺住たろう:僕は暗めの部屋で映画を観る。ポイントは相手の好みに合わせて、いい感じになりそうな映画を選ぶことかな。事前にNetflixに入っておくのがおすすめですね(笑)。

マッキー:僕は自慢のハーゲンダッツコレクションでおもてなしすることくらいですかね〜。

──その作戦で大体落とせると?

マッキー:一度目の訪問ではあえて手を出さないという考え方もあります。君を大事にしているオレ、紳士でしょ的な(笑)。

──ありがとうございました〜。

30代オトコの部屋座談会で趣味が充実、彼女はいないが女子は来る男性の本音トーク

次回予告! アラサー女子の座談会「この“男子部屋論”はありか、なしか?」



後日にこの座談会を踏まえて、女性の意見聞くべく、アラサー女子座談会を決行しました。

今回の30代男性たちの部屋論はありか、なしか? こちらの女性たちが本音トークをします。

160629ECwatashitachi1

アラサー女子座談会はこちら:アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋 vol.1「お香はそろそろ卒業してほしい」


もっと読みたいバックナンバー!

アラサー女性が語る、理想のオトコ部屋
vol.1「お香はそろそろ卒業してほしい」
vol.2「お泊まりグッズは“付き合う”のバロメーター?」
vol.3「初めての家デートで映画鑑賞はちょっとガッカリ」
vol.4「オトコ部屋にいくのはOKのサインではない」

30代オトコの部屋座談会
vol.1「趣味が充実。彼女はいないが女子は来る」
vol.2「女子を招くとき、あのニオイは念入りにチェック」
vol.3「元カノとの思い出グッズ、どうしてる?」