地球は「宇宙人がつくる動物園」であり、世界はシミュレーションなのかもしれない

写真拡大

「地球は、宇宙人がつくった動物園なのかもしれない」。6月にスペインで行われたイヴェントにて、天文物理学者ニール・ドグラース・タイソンはそう語った。一方、起業家のイーロン・マスクは「わたしたちが生きている世界はシミュレーションかもしれない」という考えについて話している。

「地球は「宇宙人がつくる動物園」であり、世界はシミュレーションなのかもしれない」の写真・リンク付きの記事はこちら

地球は、知的な宇宙人たちによって精巧につくられた「動物園」かもしれない──。

天体物理学者のニール・ドグラース・タイソンはそう主張する。そして宇宙人たちは、娯楽として人間の「奇妙な社会」を観察しているのかもしれないと。

タイソン博士は1996年以来、ニューヨーク市にある「ヘイデン・プラネタリウム」のディレクターを務め、さまざまなTV番組にも出演する有名な科学者だ。スペインのテネリフェ島で6月27日〜7月2日まで開催された科学と芸術のフェスティヴァル「Starmus」にゲストのひとりとして招かれたタイソン博士は、人類が知性をもった宇宙人と接触する可能性については、自分は以前から悲観的だと語った。

博士によれば、人類の知性は宇宙人と比べてはるかに劣っているため、宇宙人を発見する可能性は非常に低いという。そして、何も知らないほうが人類は幸せに生きていけるかもしれないと彼は考えている。

「人類が宇宙人と遭遇する日を、わたしは恐れています」とタイソン博士は言う。「わたしは彼らに、わたしたちが何も知らず、幸せに過ごしていける『動物園』をつくるだけにしてほしいと願っています。その動物園のことを、宇宙人たちは『地球』と呼んでいるのかもしれませんね」

この発言は、スティーヴン・ホーキング博士が2015年7月に語ったことに対して応えたものでもあった。ホーキング博士は昨年、宇宙人の発見は人類の絶滅につながるかもしれないと述べているのだ。

RELATED

タイソン博士はまた、惑星への移住を考えている人たちにも警告を行った。

「そんなことよりも、人類の滅亡を食い止めるには、地球に衝突しそうな小惑星の進路を変える、あるいは病気の世界的流行を阻止する方法を研究したほうが、はるかに重要で、コストも安く、簡単です」

ゲームが現実になる日

地球と人間のあり方について大胆な発言を行ったのは、タイソン博士だけではない。

イーロン・マスクは6月初めに開催された「Code Conference」で、「わたしたちが生きている世界がシミュレーションではないという可能性は、10億分の1しかありません」と語った(この発言は、「われわれの世界は巨大なシミュレーションかもしれないという説についてどう思うか?」という会場からの質問に対する答えとして語られたもの。文末に動画を掲載。なお、この説は「シミュレーション仮説」と呼ばれ、さまざまな哲学者が考察している)。

その根拠は、ゲームの世界が非常に進歩してきたことだそうだ。1972年にヴィデオゲーム「Pon」が米国でリリースされたとき、ゲームはただの二次元の線でしかなかった、とマスクは指摘する。「しかし40年が経ったいま、リアルな3Dシミュレーションを多くの人が同時にプレイできるようになりました。ゲームの世界は毎年どんどん進歩しており、今後はVRやARの存在が当たり前になるでしょう」

マスクは、このまま技術が進歩していけば、ゲームの世界は現実と区別がつかなくなるはずだと続けた。「わたしたちはいま、現実と区別のつかないゲームの世界に入り込もうとしています。こうしたゲームが、世界中に何十億とあるデヴァイスやコンピューターでプレイされていることを考えると、わたしたちがいま“本当の現実”にいる確率というのは、何十億分の1にすぎないといえるのです」

「Code Conference」は、デジタルメディア企業ヴォックス・メディア傘下のウェブメディア『Recode』が開催するイヴェントだ。2016年3月に来日したヴォックス・メディアのグロース・分析担当ヴァイスプレジデント、メリッサ・ベルへのインタヴューはこちら