ロック様がハリウッド殿堂入り、WWE大スターが映画の道志して十余年。

写真拡大

“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン(44歳)が、ついにハリウッドの殿堂入りを果たした。

「ワイルド・スピード SKY MISSION」などでお馴染みのドウェインが、エイミー・アダムス、ゴールディ・ホーン、クリス・プラット、ライアン・レイノルズらとともに、米カリフォルニア州ハリウッドのウォーク・オブ・フェイムに名前が刻まれることになった。

ドウェインは1990年代後半から米プロレス団体・WWEの大スターとして、“ザ・ロック”のリングネームで活躍。2002年頃から俳優としての仕事も始め、その甘いルックスや鍛え上げられた肉体、ユーモア溢れる独特のキャラクターなどが人気を博し、着々とハリウッドでも成功を収めてきた。現在は映画俳優としても引く手あまた、主演作が続々と製作されている。