今月は回避! スマホの通信速度制限を防ぐために女性がしていること11

写真拡大

月のパケット上限を使い切ってしまうと、スマホの通信速度が非常に遅くなりますよね。スマホユーザーにとってそんなストレスフルな状態は避けたいもの。今回のアンケートでは、スマホの通信速度制限を防ぐためにしている工夫について聞いてみました。

■Wi-Fiや節約アプリを活用

・「家の中をWiFi環境にする」(31歳/その他/その他)

・「フリーWi-Fiスポットでネットする」(35歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「WiFiスポットのアプリをダウンロードする。これで大抵のところはWiFiが入るようになるから制限回避できる」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「アプリは出来るだけ最小限に抑え、節約アプリをダウンロードしている」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「モバイルルーターを日頃から使っています」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

自宅などをWi-Fi環境にととのえたり、節約系のアプリをダウンロードして防止しているという人が多く見られました。また、モバイルルーターならどこに行ってもWi-Fiで利用できるのでヘビーユーザーにはいいかもしれませんね。

■スマホから離れる

・「スマホから離れる時間で楽しむ方法を見つける。ウィンドウショッピングとか」(35歳/学校・教育関連/専門職)

・「外出を増やして携帯電話の意識をそらす」(40歳以上/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「本を読んだりテレビを見たりして、あまり使わないようにすること」(26歳/その他/その他)

目にするとついついニュースを見たり、ゲームをしたり、触りたくなるのがスマホ。となると、思い切ってスマホはどこか目に触れない場所にしまって、離れる時間を作るのも1つの方法かもしれません。

■使用状況をこまめにチェックする

・「毎日細かく通信料の残高を確認することを習慣化しています」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

・「アプリで使用状況を確認している」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「利用状況をまめに確認する。一日一時間なときめて使う」(35歳/食品・飲料/その他)

日々の利用状況を確認する、というマメな人もチラホラいました。利用状況の把握ができていれば、計画的な使用ができるのはもちろん、「使いすぎて」なんて自体にもならなそうですよね。

■まとめ

「Wi-Fi環境で利用する」ということが、もっとも基本的な対策と言えそう。自宅をWi-Fi環境にするのか、あるいは目ぼしい無料スポットを探しておくのか、あるいはモバイルルーターを購入するのか。よく利用する場所が自宅なのか外出先なのかを考慮して自分にあった対策ができるといいですね。

(錦織寿恵/フォルサ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート)有効回答数女性204件(25歳〜35歳の働く女性)