最終メンバー18人の予想ベスト布陣。オーバーエイジ3人を落とし込み、「柔軟性を割り切り」を体現する。

写真拡大 (全5枚)

 7月1日、リオ五輪に臨む最終メンバー18人が発表された。「アンダー23世代の強みとしてある、まとまりを発揮できる、調和のとれたメンバー」と評す精鋭たちを率い、手倉森誠監督はどのような采配を見せるのか。ここまでの実績や予想される戦術などを踏まえ、一足先に本大会での基本布陣を予想した。
 
 手倉森監督は「(本大会では)間違いなく全員がピッチに立つ」と明言。これまでコンセプトとしてきた「柔軟性と割り切り」「メリハリ」を踏まえても、対戦相手に応じた組み合わせをチョイスするものと思われるが、ここではいわゆる“ベストメンバー”を挙げていく。
 
 攻撃陣から見ていくと、FWのスタメンはオーバーエイジの興梠とU-23世代のエース久保で堅い。「慎三と一緒に戦いたい」と指揮官がラブコールを送った興梠は、「ポストプレーも、裏へ抜け出すプレーも、引いた相手に対しても、カウンター攻撃にも適応できる。間違いなく攻撃のバリエーションを増やせる選手」。攻撃の軸として期待されており、世代を超えて、久保と“ダブルエース体制”で臨むはずだ。
 
 手倉森監督はメンバー発表会見で、「日本代表の強みは速さだと思う」と話した。「押し込まれて守らなくてはいけない大会になるだろうなと6割がた思っている」なかで、切り札となるのがスピードスターの浅野。その特性を考えても、相手の運動量が落ちる試合終盤にスーパーサブとして投入するのが効果的だろう。
 
 中盤は欧州組の南野と、南アフリカ戦で2ゴールを挙げて復活を印象付けた中島をサイドハーフに配置。岡山に移籍以降、守備で大きな成長を見せる矢島は、ゲームを落ち着かせたい局面での投入か。ボランチはキャプテンの遠藤と大島で間違いない。基本は「ボール奪取に優れた攻守のスイッチ役+テクニシャン」のセットがベースになると目されるが、例えば中盤の守備力を高めたい場合は、遠藤と井手口を組ませる場合もあるかもしれない。
 最終ラインは、オーバーエイジの塩谷と藤春を軸に、U-23世代のディフェンスリーダーである植田、南アフリカ戦で鮮やかな復活を果たした室屋が続く。左膝靭帯損傷のリハビリを終え、9日の第2ステージ2節での復帰を目指す岩波は、ローテーションを組む際のバックアッパーか。ただし、高さとディフェンスを重視した場合、CBは植田と岩波というかつての“鉄板コンビ”を組ませ、塩谷を右SBに回すシチュエーションも考えられるだろう。
 
 GKは櫛引が南アフリカ戦でフル出場し、中村はその光景をベンチで見守った。しかし、所属クラブで実戦から遠ざかっている影響か、前者はバタついたプレーが目立ち本大会に向けて不安を感じさせた。柏でレギュラーを張る中村の勢いを買うのも一手だが、監督がまとまりを重視してメンバーを構成したことを考慮すると、これまで正守護神としてゴールを守ってきた櫛引と見るのが妥当かもしれない。
 
「あと6個勝てば金メダル」――。手倉森ジャパンは悲願のメダル獲得に向けて総力を結集させる。
 
 
リオ五輪代表登録メンバー
【GK】
櫛引政敏(鹿島)
中村航輔(柏)

【DF】
藤春廣輝(G大阪)※オーバーエイジ
塩谷 司(広島)※オーバーエイジ
亀川諒史(福岡)
室屋 成(FC東京)
植田直通(鹿島)
岩波拓也(神戸)

【MF】
遠藤 航(浦和)
大島僚太(川崎)
原川 力(川崎)
中島翔哉(FC東京)
矢島慎也(岡山)
南野拓実(ザルツブルク/AUT)
井手口陽介(G大阪)

【FW】
興梠慎三(浦和)※オーバーエイジ
久保裕也(ヤングボーイズ/SUI)
浅野拓磨(広島) 

※AUT=オーストリア、SUI=スイス

バックアップメンバー
GK 杉本大地(徳島)
DF 中谷進之介(柏)
MF 野津田岳人(新潟)
FW 鈴木武蔵(新潟)
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)