世界王者であるドイツ戦を前にコンテ「彼らとの差が縮まったのか、広がったのかを確認するチャンス」

写真拡大

▽イタリア代表を率いるアントニオ・コンテ監督が、2日に行われるユーロ2016準々決勝のドイツ戦に向けた意気込みを語った。前日会見に臨んだ指揮官のコメントを『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽ラウンド16でスペイン代表に2-0と快勝したイタリアはベスト4進出をかけて、スロバキア代表に勝利して勝ち進んだドイツと対戦する。

▽今年3月に行われた親善試合で対戦した両チーム。イタリアは1-4と大敗を喫したが、コンテ監督はその対戦から成長したと強調。世界王者であるドイツをリスペクトしながらも、勝利に自信を見せた。

「両チームともにあの試合から変わったと思う。あの試合で我々は多くの教訓を得た。ドイツは世界チャンピオンだが、あの敗戦は我々にとって大きなダメージだったのは事実だ。一方で、あの敗戦があったからこそ、ここまでモチベーション高く戦えている」

「今回の一戦は、その世界王者であるドイツに対して差が縮まったのか、あるいは広がっているのかを確認できるチャンスだ。ドイツは才能ある選手、クオリティが高い選手が多く、彼らの攻撃は驚異的だ。しかし我々はそこに対して戦術的な準備をしてきた」