撮影:小林 裕和

写真拡大

藤ヶ谷太輔さん(Kis-My-Ft2)と窪田正孝さんのW主演で話題の『MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜』がTVドラマに引き続き映画化。6月18日より公開されます。

今回はヒロイン・キラの親友、晴美を演じた山崎紘菜さんにインタビュー。ドラマの序盤は、嫉妬からキラをいじめてしまっていた晴美ですが、映画ではキラを支える親友に。映画の見所やキャストの素顔など聞いてきました!

藤ヶ谷太輔&窪田正孝『MARS〜ただ、君を愛してる〜』の裏側、追っかけマ〜ス!特集

映画は女の友情にも注目!

――ドラマからはまた関係性がさらに発展して、晴美はキラの大親友になっていましたね。

山崎:そうですね。ドラマの時よりもキラとの距離感がぎゅっと縮まっています。キラが晴美を頼ってくれるシーンもありますし、そういった女の友情というのも注目して欲しいポイントです。

――山崎さん自身は、最初ケンカをしてしまったり、意識しすぎてギクシャクしてしまった人と仲良くなった経験はありますか?

山崎:最初に「この子とはあまり仲良くならなそうだな〜」って思ってしまっていても、話してみたら気が合ったとか、すごく仲良くなれたという子はいっぱいいますね。

――晴美がキラと仲良くなるというのも、わかる部分はありますか?

山崎:いや、私は晴美みたいに最初に過激なイジメをしていたら、ちょっと申し訳なくて、自分からは近づけないと思います(笑)。

零と達也、好きなタイプはどっち?

――零やキラのように、トラウマや人に言い辛い過去を抱えていたら、自分は好きな人に言うと思いますか?

山崎:私はけっこう言えないタイプかもしれないですね。仲が深まって、「この人なら全部背負ってくれる」って思うくらいの距離感になるまでは、なかなか言えないかなと思います。

――逆に自分の好きな人の過去や抱えているものを知りたいとは思いますか?

山崎:何か困っていたりとか悩んでいたりするなら、そういう時には頼ってほしいな、とは思います。でも無理に聞き出そうとはしないかもしれないですね。やっぱり徐々に距離を近づけていける関係が理想かな、と思うので、無理に距離を詰めようとは思わないです。相手が話してくれるまで待ちます。

――山崎さんは、零と達也だったらどちらの男性がタイプですか?

山崎:私は零みたいにカッコよくて人気者ってタイプに惹かれるのかもしれないですけど、意外とお付き合いするなら達也の方が楽しいのかな、とは思ったりします(笑)。一緒にいるのが楽な、友だちの延長線上な関係もすごく魅力的だと思うので。

――BBQをやる場面がありますが、撮影の時期はいつですか?とても楽しそうでしたね。

山崎:冬で寒い時期でした(笑)。でもすごく楽しかったです。映画は重たいシーンとか過激なシーンもたくさんあるので、BBQのところは息抜きになって私のお気に入りのシーンです。

――BBQデートも楽しそうでしたが、山崎さんの理想のデートは何ですか?

山崎:私はけっこう一緒にいることができればなんでもいいな、というタイプなので(笑)、何をしても楽しいと思います。

キラ役・飯豊まりえが明るく引っ張っていってくれた

――ドラマ、映画と一緒に撮影してきた飯豊さんの印象を教えてください。

山崎:まりえちゃんは、本当に天真爛漫で。私は人見知りをしてしまうので、現場に入ってなかなか自分から話しかけにいけないんです。でも、まりえちゃんが「紘菜ちゃん、紘菜ちゃん」って距離を近づけてくださったから、仲良くもなれたし、現場に馴染むこともできたので、まりえちゃんのおかげですごく楽しかったです。

――作品では晴美がキラを支えてあげていますが、実際の撮影現場では逆のような関係だったんですね。

山崎:とても助けられました(笑)。まりえちゃんは誰とでもすぐ仲良くなれちゃうタイプなので、けっこう引っ張っていってくれたのかなって思います。

――そんな飯豊さんがキラと重なる部分ってありますか?

山崎:意思の強いところですかね。ドラマのキラは内気な感じでしたが、映画だとキラが自分の意思をもって立ち向かっていくシーンもあるので、意思の強いところはけっこう似てるんじゃないかな。

藤ヶ谷太輔の気配りに感動!スタッフの分まで差し入れ

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

山崎:すごく楽しかったです。特に主演の藤ヶ谷さんが現場の雰囲気を作ってくださって。スタッフさんが疲れていたら盛り上げるようなことを言ってくださったり、私とかにも気さくに話しかけてくださって現場の雰囲気を作ってくださったので、引っ張っていってくれる零みたいな存在でした。

――そうなんですね。視野が広いという感じですか?

山崎:本当にすごく細かいところに気がつく方で、ずっと立っている人がいたらさり気なくイスを差し出したりとか、「疲れてるの?」とか気遣うようなことをおっしゃってくださったり。紳士的で、言動がすごくかっこよかったです(笑)。

あと、現場には常に藤ヶ谷さんの差し入れがあって。すごく暑い日にカフェのドリンクをスタッフ・キャスト全員分、40〜50杯くらい?差し入れしてくださって、それもただ置くんじゃなくて、1人1人スタッフさんを呼んで、「飲みなよ」って全員に手渡していたりとか。そういうスタッフさんへの心配りっていうのが、すごくかっこいいなって感じました。キャストに優しい方は多いですけど、スタッフさんにも分け隔てなく優しくしてくださるところがかっこよかったですね。

――零そのものみたいな存在だったんですね。

山崎:零のかっこよさは藤ヶ谷さんだから出せたのかな、と思います。

牧生とは真逆?気さくな窪田正孝

――映画で大きく変化した牧生のイメージはどうでしたか?

山崎:もうドラマの時からの豹変ぶりが凄まじくて!そこはやっぱり窪田さんのお芝居の幅が素晴らしいな、と思いました。

――ドラマ撮影のときからの窪田さんの印象は?

山崎:現場では常にナチュラルというか、自然体で優しくて柔らかい方です。けっこう気さくに話してくださりますね。牧生は周囲と壁を作るタイプだと思うんですけど、窪田さんは全然そんなことはなくて、フレンドリーで優しい方でした。

――では、藤ヶ谷さんと窪田さんが現場を盛り上げていたんですか?

山崎:そうですね。あと藤ヶ谷さんと窪田さんはとても仲が良くて。けっこう2人で話されていました。

――作品ではピリッとした空気が流れていますが、撮影現場はみなさん仲が良い、和やかな雰囲気だったんですね。

山崎:撮影期間が短くて大変な現場も多かったんですけど、いい作品にしようってみんなでまとまることができた良い現場だったと思います。

撮影期間が短かったことで、成長できた

――印象深かった出来事があれば教えてください。

山崎:映画のラストシーンの撮影が、朝の4時までかかって。みんなで凍えながら撮影していたことが思い出ですね。みんなで話して体を温めたりとか、一緒に温かいものを飲んだり、「こうするとちょっと寒くないよ」とかアドバイスしあって乗り越えました(笑)。

――山崎さん自身、ドラマから映画まで長く関わった作品はあまりないと思うのですが、『MARS』で女優として成長した部分はありますか?

山崎:藤ヶ谷さんや窪田さんとご一緒してお芝居の勉強にもなりましたし、あとドラマ、映画ってすごく短い期間で撮影して、映画も一週間くらいで撮影したんですよ。それくらいけっこう時間がなくて、その限られた時間の中で質の高い仕事をするっていうことを今回求められたので、そこが学べたところだなって思いました。

――限られた時間だと自分の集中力も凝縮される感じですか?

山崎:そうですね。短い期間の中でセリフを覚えたりキャラクターをつくったりしなきゃいけなかったので、そこは鍛えられたのかなって思います。

映画はドラマ以上!期待を絶対に裏切らない!

――山崎さんが零にキュンとしたシーンはどこですか?

山崎:もうほとんどキュンキュンしてたんですけど、「キラがいたから俺は強くなれたんだよ」みたなセリフが、女性は言われたら嬉しんじゃないかなと思いました。自分がその人の強さの元になっていたらすごく嬉しいんじゃないかな。

――確かに、好きな人を変えることが出来たのが自分だと言われたら嬉しいですよね。山崎さんもそういった関係に憧れますか?

山崎:いい方向に自分が引っ張っていけているんだったら、とても嬉しいんじゃないかなと思います。お互いが高め合う関係性が理想だと思うので、お互いが良い方向に成長できる相手だったら素敵ですね。

――ドラマのラストから続きが気になっているファンの方へ、映画の見所を教えてください!

山崎:映画はドラマ以上の面白さがあります。ドラマももちろん面白かったんですけど、ドラマ以上に胸がキュンキュンしたり、すごく切なかったり、いろんな面白い要素が映画だと倍になって1時間半につめ込まれています。きっとたぶん待っていただいた甲斐があると思います。期待を絶対に裏切らないと言い切れます!

恋愛って嬉しいことや楽しいこともありますが、そうじゃない部分、苦しくなったり、過酷な環境だったりとか、そういった恋愛の苦しい部分までもちゃんと描かれている作品なので、すごくいろんな方に共感していただけるんじゃないかと思います。

学生の恋愛の話なので若い方に観ていただきたいのはもちろん、原作が90年代の作品なので、絶対にその世代の方にも楽しんでいただけると思います。

――ありがとうございました!


映画の出来に太鼓判を押す、山崎さん!零のキュンとするシーンはもちろん、より深くなったキラと晴美の友情にも注目してください。

やまざきひろな。1994年4月25日生まれ。千葉県出身。第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞で芸能界入り。2014年、映画「神さまの言うとおり」で初ヒロインを務める。10月22日公開「金メダル男」、2017年公開「チア☆ダン」に出演。第8回「東宝シンデレラ」オーディション開催中。(応募締切7月10日まで)

スタイリスト:木村舞子 ヘアメイク:佐川理佳