キャストを直撃!パワー充電型エンターテインメントショー「ブラスト!」の魅力に迫る

写真拡大

いつもの毎日にとびきり楽しい刺激が欲しい!という女子はチェックして。世界的に大人気のエンターテインメントショー「ブラスト!」とディズニー音楽が夢の共演を果たす、「ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー」の東京公演が2016年8月21日(日)に「福生市民会館」、8月23日(火)から9月6日(火)まで「東京国際フォーラム」で開催される! そこで公演に先駆け、パーカッションの石川直さん、バトンの本庄千穂さんを直撃、その魅力に迫った。

「ブラスト!」といえば、マーチングバンドをベースに60種類以上の楽器演奏やバトントワリング、カラーガード、ダンスなど見どころ満載のパフォーマンスショー。今回は「ブラスト!」初となる、誰もが知るあの楽曲との共演も!
■「ブラスト!」をひと言でいうと、どんなショー?

「例えると、ホームパーティのようなものです。ステージと客席の垣根もなく、僕たちとゲストのみなさんがワイワイと楽しい時間を共有するという感じです」(石川さん)

■「ブラスト!」ならではのステージづくりとは?

「舞台からメンバーが客席に下りて演奏したり、休憩時間にもロビーでパフォーマンスしたり。カーテンコールでは通路をパレードしながらお客さまを誘導して、ロビーで演奏する “ミート&グリート”という時間を設けています。実際にお客さまと会話したり写真を撮ったり触れ合ってお見送りするという、まさに一大音楽スペクタクルホームパーティーなんです」(石川さん)

「出演者はほとんどがアメリカ人でイケメンも多いので、プログラムを見て『かっこいいな』と気になるパフォーマーを見つけて、最後の “ミート&グリート”で交流するのも楽しいと思います」(本庄さん)

バトンのトレーニングにヨガを取り入れ、体幹を鍛えているという本庄さん。女子としては、女性的な美しい演技、身のこなしにも、ぜひ注目しておきたい!


■ユーザーのみなさんへメッセージをひと言

「1回、2回と何度か見ていただくと『この間はこんな音だったのに、今日はリズムが違う』など、そのたびに新たな発見があると思いますので、何度も観ていただきたいです」(本庄さん)

「初めていらしたお客さまからも『なんだかわからないけど、ものすごくエネルギーをもらったので、また明日から仕事頑張ります』と、そういうメッセージをたくさんいただくんです。終わった後、エネルギーフル充電状態で帰っていただけると思います」(石川さん)

8月の公演では、『ライオンキング』や『美女と野獣』など誰もが耳にしたことのあるディズニーの名曲が「ブラスト!」と融合するというから、これまでにないような、“エンタメ度MAX!”の大興奮のステージになりそう。この機会にすべてを忘れてパワーをチャージして!