旅客機で旅行する際に、静かな席でゆっくり休みたいのではないだろうか。専門家は、旅客機の最も静かな席がどこにあるのかを教えてくれた。

写真拡大

旅客機で旅行する際に、静かな席でゆっくり休みたいのではないだろうか。専門家は、旅客機の最も静かな席がどこにあるのかを教えてくれた。新華社が伝えた。

米格安航空会社のジェットブルー航空のパイロットは、同社の公式ブログで「前方の席は騒音が少ない。これはほとんどの旅客機のエンジンが、翼の下にあるからだ。翼より前方に座れば、スピーカーの後ろに座るようなもので、エンジンと気流によって生じるすべての騒音が離れていく」と述べた。

英飛行安全委員会のDai Whittingham委員長は、英デイリー・メール紙に対して、「静かな環境を求める乗客は、通路沿いの席を選ぶべきだ。窓側は旅客機の外殻に近いため、ややうるさい」と語った。また機種によっても騒音が異なる。エアバスのA380が最も静かで、ボーイング787ドリームライナーも優れている。ターボプロップ機は騒音が最大だ。(提供/人民網日本語版・編集YF)