森林原人『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社)

写真拡大

 中学受験で、麻布、栄光学園、筑波大学附属駒場、ラ・サールすべてに合格して、筑駒に進学。そんな「神童」と呼ばれそうな経歴をもちながら、AV男優になったという、にわかには信じられない人生を歩んでいる男がいる。

 現在、トップ男優のひとりとしていろいろな作品にひっぱりだこの森林原人。彼が書き下ろした初めての単著『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』(講談社)が話題だ。

 超進学校からAV男優へ──数奇な運命をたどって男優になり、17年のキャリアのなかで8000人と延べ1万回以上のセックスをしてきた彼にとって、セックスとはいったい何なのか? 森林は本のなかでこのように綴っている。

〈僕の中では、セックスに興味がない人は、人そのものに興味がない人で、寂しい人です。本人はもちろん寂しいだなんて思っていないでしょうが、僕が寂しくなります。寂しい人がいることが寂しい。やっぱり人は本能的に、根源的に、誰かとつながりたいと思うものだと確信しているし、そこに性、セックスがあるのだと僕は伝えたいのです〉
〈性欲とは、生殖につながるものでもありますが、一方では、人間が根源的に持つ孤独への不安を解消するためのもので、温もりへの飢えだと思います。性欲は悪者でもなんでもないのです〉

 5桁にも達する女性(時には男性)とセックスしてきた森林が達した結論は、「セックスとは人と人の『つながり』である」という、ある種普遍的なものであった。そんな境地に達するまで、彼はどんな男優人生を歩んできたのか。彼は自分の人生と「性」の関係をこうまとめている。

〈男優という特殊な職業に就いていること以外はドラマチックな人生ではないけれど(中略)僕もやっぱり性に付きまとわれ、振り回され、向き合うことで生きる意味を知るようになれたんだと思うのです〉

 彼は自分自身について、〈日々の生活におけるセックスの優先順位の高さは、執着に近く、中毒かもしれません。セックスのために死のうとは思わないけど、セックスがなかったら生きてる意味がないと思っています〉と自己分析しているが、彼の心のなかで「性」がそれほど大きな存在感を占めるようになったのは、中学時代の挫折がきっかけであった。

 麻布、栄光、筑駒、ラ・サールすべてに合格するほどだから、小学校時代の森林は当然勉強において負け知らずだったわけだが、筑駒に入り、彼は見事に高く伸びたその鼻をへし折られることになる。

〈僕が努力してきた時間が無駄と思えるほど圧倒的な頭脳の存在を知らされたのです。勉強もたいしてせず、いとも簡単に合格した奴らが何人もいて、そいつらは、塾にも行かず、親に教わっただけとか、一を聞いただけで十も百もわかってしまうような頭で、天才としか言い表せられません〉
〈全国模試で一ケタ代の順位しか獲らない奴や、数学オリンピックで金メダルを獲る奴、ラジオ英会話を聞くだけで英検一級になっちゃう奴。そんな奴らと学力で張り合おうとは、とてもじゃないけど思えませんでした〉

 プライドをへし折られ、アイデンティティが崩壊した彼は、勉強の他に何か心の拠り所となるものを探す。それが「エロ」だった。

〈僕の性的知識と、そういったものに対する欲求の強さ、行動力は一目置かれるものでした。僕は初体験を済ませていたわけではありませんが、どこでもチンポを出し、勃起させ、エロ本を数多く所有していたので、エロのジャンルにおいては学年トップでした。一般的なイメージ通り、筑駒の中一は信じられないほど性的に未熟だったので、ライバルはほとんどいませんでした。それにエロのいいところは、どれだけ頭のいい奴にも等しく難解なところです。理性や思考で解決できることじゃないから、経験や行動力がモノを言います。となると、エロが僕の肩書きになっていくのは自然な流れでした〉

 せっかく苦労して筑駒に入ったのに、そんな現実逃避をしてしまうのは他人の目から見ればもったいない気がしなくもないが、こうして「エロ」を拠り所にすることで、彼はそれなりに楽しい青春を送ることができたようだ。もし彼に「エロ」がなかったら、劣等感や猜疑心に苛まれ、つらい思春期を送ることになっていたかもしれない。

〈物心ついた僕にとって、性は、救いで、逃げ場だったのです。"性"なんてかしこまった言い方をされるものじゃなく、下品で下世話で面白い"エロ"でしかなかったけど、エロも性の一部だとしたら、僕はやっぱり、性に救われたってことになるんだと思います〉

 しかし、お小遣いはすべてエロ本に費やし「歩く有害図書」というあだ名がつくほどだった彼は、勉強の面では当然のごとくドロップアウト。東大に行って当たり前という環境のなか、大学受験にも失敗することになる。そして、どこか破れかぶれな気持ちで応募したAV男優のバイトから今にいたるキャリアをスタートさせることになるのだった。

 AV男優としてのスキルを磨き、監督、メーカーのスタッフ、女優など仕事仲間からどんどん認められていくようになった彼の心からは、いつしか、多感な時期にプライドをズタズタにされ、超進学校のなかで溜め込んだ鬱屈とした思いはどこかへ消えていく。

〈ちょっと生まれる時代がずれていたら社会に居場所はなかった気がします。捕まるまでいかないにしても、こうも生き生きとした人生を送ることはなかったでしょう。だから、AV業界には感謝の気持ちでいっぱいですし、心から、AV男優という仕事があって良かったと思っています〉
〈僕は人一倍コンプレックスの塊です。そのコンプレックスの種をどうにかしたいと思い、整形をしようかとか、いっそいなくなってしまいたいとか、いろんな方向でいろいろと考え悩みました。(中略)そんな僕が、セックスで相手と溶け合う瞬間は、自分のすべてを相手が受け止めてくれているように思え、それが勘違いだとしても、僕は僕でいいんだと思い込めて、許せ、受け入れることができます。まぁ言うほど悪くないじゃん自分も、と。どれだけ自分を嫌いになっている時でも、どれだけ嫌なことがあっても、将来に不安を感じどんよりした気持ちになっても、セックスで溶け合った瞬間、それらがとりあえずはどうでも良くなるほどの絶対的な全肯定感に包まれます〉

 しかし、森林原人という男優が面白いのは、セックスは「絶対的な全肯定」を与えてくれるものであり、また、セックスは「孤独への不安を解消するためのもの」と主張している一方で、その行為によってもたらされる快楽は、あくまで自分だけのものであり、共有できるものではないという諦めの気持ちもまたもっているということだ。

〈どれだけ共鳴できたとしても、相手の気持ち良さは相手のものであって、それによって自分が高まっても、それは自分の気持ち良さでしかなく、互いの気持ち良さを共有してるわけではないのです。つまり、相手の本当の感覚、気持ちはわからないということです。選ばれようが、受け入れられようが、つきつめれば自分の思い込み、自己満足です。
 ここを本当に勘違いして、相手とわかり合えたとか、通じ合えたと決めつけちゃうと、その感覚をセックス後まで引っ張ってしまい、相手に自分の思い込みを押し付けることになってしまうのです。そうすると、あの時はあんなに愛してくれたのにとか、あれは演技だったのとか、冷めたんだとか、相手を責めることになっていきます。でもそうじゃなくて、どれだけ気持ち良いセックスをしたとしても、それはその瞬間だけのもので、しかも自分の中で起こったことでしかないのです。相手ありきの行為がセックスですが、相手の気持ち良さを本当に自分のものにすることはできないのです。
 これに気付けて、セックスに対してすごく気が楽になりました。どこまでいってもわかり合えないと思うことで、変に期待しないで済み、がっかりすることはありません。(中略)セックスに意味を込めたり、何かの証と捉えたり、神聖化したりせずにいられるので、よけいに振り回されることはなくなりました〉

 彼はこの諦めの気持ちを肯定的に捉え、だからこそ変に構えないで人と関わり合うことができると語っているが、そのセックスや女性に対する捉え方を聞いていて、ふと頭に浮かんだのが、「これって、いわゆる"絶食系"男子の女性観、セックス観と重なる部分があるんじゃないか」という思いだった。そういわれてみれば、現在、37歳の森林はいわゆる絶食系の第一世代にあたる。

 先日、明治安田生活福祉研究所が20代未婚男性の53.3%、30代未婚男性の38.0%が、これまでの人生で交際した経験なしと回答したという調査結果を発表し大きな話題となったが、この草食・絶食化の波はAVにも押し寄せ、今の若者はほとんどAVを見なくなってしまった。

 もしかしたら、森林のような感覚を持っている人間が、AVと草食・絶食系男子の間に横たわる溝を埋めてくれるのではないか、そんな風に考えるのは楽観的すぎるだろうか。
(田中 教)