OA枠でリオ五輪に臨むDF塩谷「応援してくれる方々が最後は笑顔で『応援してよかった』と思ってもらえる試合をしたい」

写真拡大

▽サンフレッチェ広島は1日、リオ・デ・ジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)に向けたU-23日本代表に選出されたDF塩谷司のコメントを発表した。

▽U-23日本代表は1日、8月3日に開幕するリオ五輪に向けた代表メンバー18名を発表。オーバーエイジ枠で登録メンバーに選出された塩谷はリオ五輪への意気込みを次のように語った。

塩谷司(サンフレッチェ広島)

「リオデジャネイロオリンピックの日本代表に選ばれて光栄です。日本のために金メダルを目指して頑張ってきたいと思います」

――今の率直な気持ちを教えてください。

「僕は自分の世代である北京オリンピックからオリンピック代表には縁がなく、今回、このオーバーエイジ枠で話をいただいてチャレンジしたいと思いました。手倉森監督の下で、金メダルを目指して頑張りたいと思いました」

――自分のどんな持ち味を出して、どんなプレーをしたいですか?

「対人の1対1や球際の強さを出せたらと思います。その中で自分の特長である攻撃力もサンフレッチェ広島でやっているほど参加できる機会はないと思いますけど、チャンスがあればゴールも狙っていきたいです。また、ビルドアップなどでもチームに貢献できたらと思います」

――下の世代の選手たちとプレーするが、上の年代として特別に考えていることは?

「できるだけ気を遣わせないようにしたいです。何人かの選手はA代表で一緒にプレーしていますし、知っている選手は何人かいます。特に新しく会話する選手には積極的にコミュニケーションを取りながらやっていきたいと思っています」

――オリンピック予選などを見て、どんなチームだと思っていますか?

「まとまりのあるチームだと思っています。飛び抜けたスーパースターがいるというよりは、チーム全体で組織的に戦うチームだと感じました」

――リオデジャネイロオリンピックへの決意をお願いします

「たくさんの方が応援してくれると思います。責任をすごく感じていますし、応援してくれる方々が最後は笑顔で『応援してよかった』と思ってもらえる試合をしてきたいと思います」