主人公の坂田銀時(左)と演じる小栗旬(右) (C) 空知英秋/集英社 (C) 2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

2004年より連載がスタートし、単行本の累計発行部数が5000万部を超える週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂(ぎんたま)」が、小栗旬主演、福田雄一監督で実写映画化されることが発表された。

『銀魂』第2弾は原作者自らがアニメ銀魂のラストを飾るべく描き下ろした完結篇!

本作は、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていたパラレルワールドの江戸が舞台。主人公は、そんな時代に己を信じる侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時で、彼とひょんなことから出会った仲間の身に起きる様々な事件を描いた作品だ。

テレビアニメ化されたほか、『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』(10年/興収10.7億円)、『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』(13年/興収17億円)と、2度に渡る劇場アニメ化を経て、今回、ようやく実写映画化が実現した。

小栗が演じるのは、万事屋(なんでも屋)の主人公・坂田銀時。天パの銀髪が特徴で、普段は気の抜けたような向上心ゼロの怠け者だが、剣の腕はかなりのもの。かつては攘夷戦争に参加し「白夜叉」の異名を持つ伝説の侍で、決めるところはビシッと決めるそのギャップに、男性のみならず多くの女性ファンも獲得している。

今年で映画デビュー15周年を迎える小栗は、主演した『ルパン三世』(14年)が興収24.5億円、『信長協奏曲』(16年)が40億円を突破するなど、コミック原作の実写映画で大ヒットを連発する日本映画界のトップ俳優の1人。また、自身「銀魂ファン」でもあり、コミック27巻には「小栗旬之介」という小栗のパロディキャラも登場している。

今回の実写化に、原作の空知英秋(そらち・ひであき)は「メンバーが豪華だろうと原作が原作ですから基本泥舟。原作の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々ですから、そんな人達の作るまた別の形の銀魂ならコケてもいいから見てみたいな、見てもらってもいいかなと思ったのが実写化をうけた僕の率直な気持ちです」とのコメントを寄せている。

映画『銀魂』は2017年に全国公開となる。

【関連記事】
[動画]アニメ映画『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』予告編
『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』4位デビューもスクリーンアベレージはトップ
主演の小栗旬も絶叫! カエル男の猟奇殺人鬼ぶりが明らかに
小栗旬主演『信長協奏曲』が公開12日間で興収20億円を突破!