日本初の漢字ミュージアム「漢検 漢字博物館・図書館」が29日、京都の人気観光地の祇園にオープンした。

写真拡大

日本初の漢字ミュージアム「漢検 漢字博物館・図書館」が29日、京都の人気観光地の祇園にオープンした。高坂館長はオープニングセレモニー終了後に取材に応じ、「甲骨文字の時代から、日本は中国の漢字をたくさん取り入れた。元々日本には文字がなく、漢字を日本の発音と組み合わせ、独特の言語文化を築いた。中国が日本文化を向上させてくれた」と感謝の気持ちを表した。環球時報が伝えた。

【その他の写真】

高坂館長は 「現在、日本の若い学生の漢字に対する関心は薄れている。日本において人々の漢字に対する関心を高めるための新たな挑戦だ。当館は、ゲーム感覚で漢字に触れることに重きを置いており、来館者はゲームなどを通して漢字に対する理解を深めることができる。さらに多くの若者に言葉や漢字に関係した文化をもっと知ってもらい、興味をもってもらいたい」と語った。

日本において、漢字は2000年の歴史を誇る。日本だけでなく、韓国でも、漢字に対する人々の関心を高め、保護する動きがある。昨年、日中韓は、賢人会議(日本経済新聞社、中国・新華社、韓国・中央日報主催)の提言を経てまとめられた共用漢字808字を発表した。京都市の門川大作市長はオープニングセレモニーの挨拶で、「漢字文化圏には、非常に偉大な歴史がある。漢字は単なる文字ではなく、精神文化でもある」と紹介した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)