代表選出に責任を感じるMF大島「頑張らなければいけないという責任が改めてわいてきました」

写真拡大

▽川崎フロンターレは1日、リオ・デ・ジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)に向けたU-23日本代表に選出されたMF大島僚太のコメントを発表した。

▽U-23日本代表は1日、8月3日に開幕するリオ五輪に向けた代表メンバー18名を発表。本登録メンバーに選出された大島はリオ五輪への意気込みを次のように語った。

大島僚太(川崎フロンターレ)

「最終予選だったり、今までと変わらない気持ちで発表を聞くことができて、特に心境が高ぶるということはなかったつもりだったのですが、いろんな人から連絡をもらって、応援されているなと実感して、頑張らなければいけないという責任が改めてわいてきました」

「前回の五輪を見ても、まずは初戦がすごく大事だなと 感じています。もちろん最初は緊張だったり、不安というのもあると思いますが、そういうものも楽しみながら初戦を全力で臨んで勢いに乗っていければ、チームの目標であるメダル獲得が実現できるのではないかなと思っています。僕自身としてはやはりゴールに絡むプレーだったり、ボランチなので守備でも貢献しなければいけないと思いますが、何よりチームとしてまとまったプレーというのを心がけていきたいなと思います」

「今回、他のチームでもケガでプレーできない選手もいると思いますが、中でもナラちゃん(奈良竜樹)は今年から同じチームになって、試合も一緒に出ていたので、すごく残念な気持ちもあります。その試合のことを思い出すと辛くなるのですが、リキ(原川力)と2人でナラちゃんの分も頑張りたいと思います。サポーターの皆さんには、すごく応援していただいているなということはいつも感じていて、それが本当に目の前に迫ってきたな、始まるんだなという実感があるので、フロンターレから何試合も離れることになりますが、その分、オリンピックでメダルを獲得して帰ってきたいと思っています」