さまざまな研究によると、女性の平均寿命は男性より5年から10年長い。これは、女性がきめ細かい心を持ち、自分自身を大切にし、好ましい生活習慣を維持している傾向が高いことと関係が深い。資料写真。

写真拡大

さまざまな研究によると、女性の平均寿命は男性より5年から10年長い。これは、女性がきめ細かい心を持ち、自分自身を大切にし、好ましい生活習慣を維持している傾向が高いことと関係が深い。米男性誌「メンズ・ヘルス」はこのほど、「大ざっぱな」男性は、女性のライフスタイルから学ぶべき点が多々あると指摘、以下の通り列挙した。生命時報が伝えた。

○体重をコントロールする。
米国ミールサービスセンターの医学主任を務めるCaroline J.Cederquist博士は、「男性は腹部が肥満している人が多く、これは、脂肪が腹腔内の内臓の周りに溜まっている状態で、心臓病、糖尿病、脳卒中、癌に罹患するリスクを高める。そして体重をコントロールすることが、男性の内臓脂肪をチェックする最も簡単な方法だ」と指摘した。

○ウェットティッシュを常時携帯する。
清潔な女性は、必要な時に備えて、ウェットティッシュや液体ハンドソープの携帯タイプをバッグに忍ばせておくことが多い。ニューヨーク・マウントサイナイ病院化粧品・臨床皮膚病研究科のJoshua Zeichner科長は、「細菌はどこにでもいる。正しい手洗いで感染を防ぐことができる。いつも消毒用ウェットティッシュやアルコール綿を携帯し、緊急時に備えると良い」とアドバイスしている。

○食物繊維をたくさん食べ、肉は控えめに。
米国の登録栄養士Samantha・Cather氏は、「毎日、ナッツ・豆類・全粒穀類・果物・野菜などの食品から、最低25グラムの食物繊維を摂取すると良い。これらの食物は、心臓の健康を維持するにも有益だ」と提唱している。

○週末に友達と集う。
ほとんどの女性には、親友と呼べる友人がおり、たびたび会って交流する。米フロリダにある長寿センター行動健康科のCorral Alphon博士は、「定期的に友達と会って交流を深めれば、心理的ストレスから解放され、健康増進に役立つ」とコメントした。

○頻繁に入浴する。
女性は押しなべて入浴が好きだ。一方、男性は「カラスの行水」で済ませることが多い。ニューヨーク大学医学センター皮膚科のAriel Auster准教授は、「お湯につかると、毛穴が開き、身体の中の毒素が出ていき、皮膚がより清潔かつ瑞々しく保つことができる。また、入浴剤の類を入れると、皮膚の細かいしわが減り、皮膚の老化を遅らせる」と指摘した。

○寝る前に洗顔する。
女性は、寝る前にお化粧を落として顔をきれいに洗う。男性の場合は、そこまでクレンジングする必要はない。Ariel Auster准教授は、「顔は常に空気中にさらされており、丸一日経てば、多くの細菌やほこりなどの汚れが付着する。寝る前に顔をきれいに洗えば、アレルギー反応や毛穴の詰まりを防ぐのに役立つ」と話した。

○一緒に運動する相手を探す。
女性は誰かと連れ立って活動することが好きだが、男性は単独行動が多い。カナダ・ブルック大学の研究から、仲間と一緒に運動することは、長期的に見て健康に有益であることが明らかになった。(提供/人民網日本語版・編集KM)