提携店でポイントを貯めたり、使ったりできる共通ポイント『Ponta』。オリジナルのPontaカードに加えて、提携企業ごとのPontaカードも多数用意。キャラクターのポンタが各企業の社員や店員に変身し、お手伝いをしている姿がユニークだ。

column027-01
主なPontaカード。いろいろな仕事をお手伝いしているポンタがかわいい!

 そんなPontaカードに新しく、JALオリジナルのカードが登場。この『JAL Pontaカード』には、空港とJALの航空機を背景に、JALのパイロットの制服を着たオリジナルのポンタが描かれている。

 JALのマイルとPontaポイントは相互交換できるが、この41日からJALグループ便(一部例外あり)の搭乗で、Pontaポイントが直接貯まる「Pontaコース」もスタート。今回の『JAL Pontaカード』の発行で、これらのサービスの認知をより広げたい考えだ。

ponta_jalcard_fix_0414_LMC³-3
ワクワクする空の旅をイメージしてデザインされた『JAL Pontaカード』。ポンタが着用するブレザーの金モールは4本線なので、今回はJALの機長に変身だ。

 『JAL Pontaカード』は国内の主要空港(羽田、成田、新千歳、伊丹、関西、中部、福岡、那覇)のチェックインカウンターで配布されるほか、JALならではのサービスとして、国内線の機内(JAL便名での運航便のみ)で客室乗務員から受け取ることもできる。JAL便での国内出張を予定している人なら、ぜひCAさんから『JAL Pontaカード』をもらってみたい。ただ、飛行時間が短い路線ではCAさんはバタバタなので、状況を見計らってお願いしよう。

■関連情報
http://press.jal.co.jp/ja/release/201607/003864.html
http://www.loyalty.co.jp/news/2016/2016070102

文/綿谷禎子