【簡単おつまみ】ナスが手に入ったら焼いてディップにするべし!  夏にぴったりな中東の味「ババ・ガヌーシュ」

写真拡大


本日はみなさんに、旬を迎えたナスをたっぷり使った簡単メニュー、ナスのディップ「ババ・ガヌーシュ(Baba Ghanoush)」をご紹介!

エキゾチックなその味は、キンキンに冷やした白ワインにぴったり。パンやチップスなどを添えれば立派な前菜やおつまみになるので、覚えておけば、重宝すること間違いなしよ。

【ナス表面に穴を開けてからグリルへ】

参考にするのは、YouTubeに投稿されていた2本の動画。

1本目はユーザー「Food Wishes」による「ババ・ガヌーシュ」レシピ。

まず、バーベキューグリルでナスを皮ごと焼くところからスタートします。ナスを焼く前に、皮の表面にナイフやフォークで穴を開けておくことを、どうかお忘れなきように。

【中身を取り出したらペースト状に】

ナスを焼いて表面がシワシワになったら、皮から中身だけをザルに取り出し、5分から10分ほど水切りしましょう。

その後、ボウルに移し換えたら、つぶしたニンニクと塩を加えて、ポテトマッシャーでなめらかになるまで全体をつぶします。面倒ならば、このときブレンダーを使用するのもアリよ。

【芝麻醤を投入するのがミソ】

ナスがなめらかになったところで、レモンジュース、練りゴマを加工した調味料「芝麻醤(ちーまーじゃん)」、カイエンペッパー、オリーブオイルを加えて、さらによく混ぜます。

混ざったところで、ギリシャヨーグルト(水切りしたヨーグルトでもOK)を加え、さらに混ぜたら冷蔵庫で寝かせましょう。

食べる直前にミントの葉やイタリアンパセリを刻んで投入、オリーブオイルをトロリとかければ、「ババ・ガヌーシュ」の完成! どうです? 簡単でしょう?

【オーブンでも作れるよ♪】

一方、2本目の「Inspired Taste」による動画で紹介されている「ババ・ガヌーシュ」では、焼きナスをバーベキューグリルではなく、オーブンで作っています。

ナスの皮に穴を開けて、シワシワになるまで焼いたあと、中身を出して、各種材料と混ぜ合わせるところも、おんなじ。このレシピでは、ヨーグルトは使わず、カイエンペッパーではなくクミンを使っているところがポイント。香辛料の効いた味がお好みなら、こちらのレシピを真似してみるといいかも?

分量などの詳細は、YouTubeをチェックしてみて。ナスの価格がグンと下がる夏に、大量に作りたくなる1品。今夜にでもさっそく、作ってみてはいかが?

参照元:YouTube [1] [2]
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る