1日、参考消息網によると、中国北京のイケア店舗で撮影したとされる画像をめぐり、イケアが当局に通報する事態が起きた。資料写真。

写真拡大

2016年7月1日、参考消息網によると、中国北京のイケア店舗で撮影したとされる画像をめぐり、イケアが当局に通報する事態が起きた。

ネットユーザーを騒然とさせたのは、店舗内を歩く女性を撮影した写真。このうちの1枚には多くの客がいる中、下半身に何も付けていない女性の後姿が写っており、別の写真にも肌を大きくさらした女性の姿があった。ネットに投稿した人物は「友人から入手した画像」「北京四元橋店で撮影されたもの」と話しているという。

この件についてイケアは先月30日、「北京にある2つの店舗でこのような事件は起きていない」との声明を出し、「うわさされているような新店舗開業のための宣伝ではなく、すでに当局に通報済み」と説明。地元警察は「ネット掲載が好ましくない画像」として投稿者に削除を指示した。この画像を見たネットユーザーからは加工処理を指摘する声が上がったほか、「注目を集めるためにこんなことまでするなんて」とあきれる声も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)