「誰かを助ける」のに理由はいらない(哺乳類なら):研究結果

写真拡大

ラットは閉じ込められた仲間を見ると、その仲間に共感し、助け出そうとする。しかし、抗不安薬が投与されストレスを感じにくくなるとこの行動が見られなくなる、という研究結果が発表された。この結果が示す、哺乳類にとっての他者を助けることの意味とは?

「「誰かを助ける」のに理由はいらない(哺乳類なら):研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

ラットが狭い場所に閉じ込められた仲間を積極的に助け出すことは、過去の研究ですでに実証されている。ラットはこのとき、その仲間に共感して助け出そうとするように見える。

しかし今回、催眠鎮静剤や抗不安剤に分類される薬「ミダゾラム」を投与されたラットは、投与されていないラットに比べて、ケージに閉じ込められた仲間を助け出す可能性が低いことがわかった。

ミダゾラムを投与されたラットは、閉じ込められた仲間を見てもケージの扉を開けようとしなかったが、チョコレートなどのおやつがケージに入っている場合は扉を開けている。

今回の研究を率いたシカゴ大学のペギー・メイソン教授は、ミダゾラムを投与されたラットが仲間を助けようとしない理由を、心拍数が十分に上がらず、(精神的な)苦痛を感じないからだと考えている。

「閉じ込められた仲間を助けるには、仲間と同じ気持ちになる必要があります。これはわたしたち人間の行動を思い起こさせる結果でした。わたしたちも、ラットと同じ哺乳類なのです」とメイソン教授は語っている

「誰かを助けると、通常はいい気分になります。他者を助けることは、いわば一種の麻薬のようなものなのです」とメイソン教授は言う。「これは、おそらく進化の過程で獲得した哺乳類の特質なのでしょう。互いを助けることは、種の繁栄にもつながるのです」

研究論文は『Frontiers in Psychology』に掲載されている。