どちらを授かっても嬉しいけど… 男女の性別の“決め手”とは

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部
監修:池川 明(池川クリニック委員長・医学博士)

「産み分け」と聞くとどんなことを思い浮かべますか?子どもの性別を選ぶのは倫理的でないと考える人もいるでしょう。
一方で「男の子はいるから、次は女の子を育ててみたい」なんて思っている人もいるかもしれません。

 ;

「男の子が生まれるといいな」「女の子を育ててみたい」と産まれてくる子どもに思いを馳せるのは、言ってみれば自然なこと。
そこでここでは、『男の子が産まれるママ 女の子が産まれるママ 産み分けを考えたら読む本』をもとに、男女の産み分けについてご紹介していこうと思います。

性別は「卵子」ではなく「精子」で決まる

 ;

これまで、生まれてくる子どもの性別は女性に原因があるとされてきました。
特に昔は息子が跡取りとしてほしがられていた時代です。「男の子を産みなさい」というプレッシャーに追い詰められた女性も多かったことでしょう。
しかし最近では、科学的にみても、産まれる子どもの性別は女性の卵子にはまったく関係ないことが明らかにされているそうです。

著書によると、人間は23組の染色体をもっていて、ひとつは父親、もうひとつは母親から受け継ぐといいます。
23組のうち1つの染色体は「性染色体」と呼ばれ、X染色体とY染色体の2種類があります。そして、性染色体がXとYだと「男の子」になり、XとXだと「女の子」になります。

 ;
女性の染色体はX染色体が1本、男性はX染色体をもつ精子とY染色体をもつ精子の両方あるので、性別の決め手は男性側のもつ精子ということになるのです。
 ;

女の子が生まれる「X精子」、男の子が生まれる「Y精子」


 ;
前述したように「X精子」では女の子が生まれ、「Y精子」では男の子が生まれます。著書によると特徴は次の通りです。
 ;

女の子が生まれる「X精子」


・酸性の環境でも強く、活発に動くことができる
・Y精子と比べて寿命が長い
・Y精子より数が少ない
・Y精子より泳ぐ速度が遅い
・Y精子より重い
 ;

男の子が生まれる「Y精子」


・アルカリ性の環境においては、X精子より活発に動く
・X精子より寿命が短い
・X精子より数が多い
・X精子より泳ぐ速度が速い
・X精子より少し軽い

こういった特徴をふまえると、精子が子宮までの到達しやすいケースは、速度が速く寿命が短いY精子が有利になり男の子が生まれやすくなります。
反対に、精子が子宮に到達するまでの距離が長い場合は、速度が遅く寿命が短いX精子が有利になり女の子が生まれやすいのです。
 ;

元気な精子をつくるには2〜3か月前からの準備が必要

 ;

精子はつくられてから排出されるまでに2〜3か月はかかます。
つまり、子づくりをする2〜3か月前からの生活が精子の質に影響をおよぼすのです。元気な精子をつくるためには次のポイントに気を付けましょう。

・喫煙をしない
・お酒は控える
・ストレスのない生活を送る
・規則正しい生活を送る
・バランスのとれた食事をとる

また、精液の排出量は日々の体調によるため、健康的な暮らしをするのが第一です。
これらのことを参考に、元気な赤ちゃんが授かることを期待することもいいのかもしれません。


<参考>
『男の子が産まれるママ 女の子が産まれるママ 産み分けを考えたら読む本』(池川 明)