「アニメイト30周年プロジェクト オープニングセレモニー」に2.5次元で活躍する「ツキクラ」メンバーが登場

写真拡大

7月に創立30期を迎える株式会社アニメイトが、「アニメイト30周年プロジェクト オープニングセレモニー」を開催した。

【写真を見る】予想外のタイミングでくす玉が割れて驚くメンバー

特別ゲストとして、2.5次元芸能プロダクションに所属する「ツキクラ」メンバー・荒一陽、市川太一、井上雄貴、大島尚起、大海将一郎、小松準弥、徳武竜也、西野太盛、筆村栄心、古畑恵介、松岡一平が登場した。

荒は「普段コスプレ衣装を見に行ったりしているのですが、僕にとってのアニメイトは心の中でニヤニヤしてしまうような、そんな場所です」と笑顔で告白。

「初めてアニメのDVDを購入した思い出の場所」(大海)、「僕が声優を志すきっかけを与えてくれた、人生を変えてくれた場所です」(古畑)など、それぞれアニメイトに対する熱い思いを語った。

イベントでは大きなくす玉が用意され、割る前にくす玉を囲んで記念撮影が行われていたが、その撮影中にくす玉が割れてしまうハプニングが発生。メンバーからは「えーーーーーーー!?」と驚いた声が上がり、小松からは「ちょっと待ってください!(笑)タ イミング大丈夫ですか? 今の…(笑)」などと大騒ぎになったが、最後はメンバー全員で「アニメイト30周年おめでとうございます!」と祝福のコメントを送った。

また、7月16日(土)には秋葉原でアニメイト初の女性向け店舗「アニメイトAKIBAガールズステーション」がオープン。当日はオープニングキャンペーンを行う予定で、詳しくはアニメイト公式HPまで。

さらに、7月18日(月)には東京・科学技術館サイエンスホールで「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 SUMMER(ツキノクラウドフェスティバル)」が開催される。