市場には目下、たくさんの携帯電話製品が出回っているが、「最優秀賞」は果たしてどれなのか。写真はサムスンのスマートフォン。

写真拡大

市場には目下、たくさんの携帯電話製品が出回っているが、「最優秀賞」は果たしてどれなのか。この問題に、中国移動が結論を出した。このほど開催されたモバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海で、「2016年端末品質報告書」を発表し、現在市場で販売されている携帯電話やスマートブレスレットなどの端末の品質を多角的に評価したのだ。京華時報が伝えた。

同報告書は、過去半年間に発売された4G携帯82機種(昨年発売されたアップル社の「iPhone(アイフォーン)6s」は含まれていない)を比較検討している。基本的な通信機能、娯楽機能、システムの使いやすさ、ユーザーの評価の4点を評価のポイントとし、価格帯ごとにランキング形式で品質を評価した。また、携帯のアンテナ性能、カメラ性能、連続使用時間、ネットユーザーの評価といったユーザーの使用体験の重要指標についての評価も発表した。

ランキングの結果は次のようになった。3000元以上のクラスの上位3機種には、サムスンの「ギャラクシーS7」と「ギャラクシーS7edge」、華為の「ファーウェイP9」が並んだ。2000〜3000元のクラスでは、華為の「ファーウェイMate8」と「オーナーV8」、OPPOの「OPPO7sPlus」が並び、1000〜2000元クラスは、サムスンの「ギャラクシーJ7」の新機種、華為の「ファーウェイG9 Lite」、サムスンの「ギャラクシーJ5」の新機種が並び、1千元以下のクラスでは、華為の「オーナー5C」、サムスンの「ギャラクシーOn5」、魅族科技の「魅藍3」が挙がった。

今では携帯のカメラ機能がユーザーの関心を寄せる指標の一つになっている。同報告書は、現在人気の携帯電話のカメラ機能の比較ランキングも発表した。3000元以上クラスでは、「ギャラクシーS7edge」が5つ星、「ファーウェイP9」とアップルの「iPhone6sPlus」が4つ星、「OPPO R9 Plus」と歩歩高(BBK)の「VivoXplay5A」が3つ星だった。1500〜3000元クラスでは、「オーナーV8」、「VivoX6S」が4つ星、「ファーウェイG9 Lite」と「OPPO R9」が3つ星半、小米の「Mi5」、楽視(LeTV)の「LeX820」、「ギャラクシーA7」新機種が3つ星。700〜1500元クラスでは、「オーナー5C」が3つ星半、「Redmi Note」と「VivoY31」が3つ星、「魅藍Note3」と金立の「金立F103」が2つ星だった。(提供/人民網日本語版・編集/KS)