1日、欧米女性による中華男性タレントへの辛口採点がネット上に登場し、その審美眼の違いも話題になっている。メイン写真はワン・カイ。

写真拡大

2016年7月1日、欧米女性による中華男性タレントへの辛口採点がネット上に登場し、その審美眼の違いも話題になっている。今天頭條が伝えた。

【その他の写真】

中国のネット配信番組で放送され、話題になっている。韓流人気グループEXOの華人メンバーだったルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)、中国の俳優ワン・カイ(王凱)、香港の俳優ショーン・ユー(余文楽)、ダニエル・ウー(呉彦祖)、台湾の俳優ウォレス・フォ(霍建華)とイケメンたちの顔写真を見せ、欧米諸国出身の女性が10点満点で採点。結果は意外なものとなった。

完璧なイケメンと言われる時代劇美男のウォレス・フォだが、欧米女性の反応は「1点あげるのも無理」「絶対0点」と総スカン。顔写真が時代劇の装いだったせいもあるが、「ロン毛が嫌い」「全てがひどい」とされている。

ワイルドな男性的魅力が人気のショーン・ユーも、「0点」「2点」など散々な結果に。「お付き合いできない」「歩いてても振り返らない」などと言われ、特にその無精ヒゲが嫌いだと言われている。

キュートで愛らしいイメージのルハンも、高得点ならず。嫌われた理由は「女の子みたい」というもの。顔面そのものへの点数は高かったが、「10歳くらいの子供に見える」「大人の男性として見られない」という意見が聞かれた。

香港トップのイケメンと言われるダニエル・ウーは、欧米女性の目からもかなりのイケメンに見えるようで、「7.5点」「8点」など非常に高得点。実際は41歳だが、やはりアジア人は若く見えるらしく、女性たちからは「30歳そこそこ?」と勘違いされている。

唯一「満点」を出したのは、昨年ブレークしたワン・カイだった。「完璧」「どう見てもトップ」「欠点が見当たらない」などと、女性たちのハートをわしづかみにしている。(翻訳・編集/Mathilda)