日本のネットを「FASTER」に──グーグルが日米を結ぶ「高速海底ケーブル」完成

写真拡大

グーグルやKDDIなどの6社が開発した、米国と日本を結ぶ新しい高速海底ケーブル「FASTER」。2014年の計画の発表から2年を経て、その運用が正式に開始した。日本のインターネットユーザーはさらに速い通信環境を手にすることになる。

「日本のネットを「FASTER」に──グーグルが日米を結ぶ「高速海底ケーブル」完成」の写真・リンク付きの記事はこちら

日本のインターネットユーザーは、さらに高速になったネットを利用できるようになった。米国と日本を結ぶ全長9,000kmのインターネットケーブル「FASTER」が6月30日から稼働し始めたからだ。

「FASTER」という名のとおり、毎秒60テラビットという「これまでより高速」な通信速度を実現したこのケーブル。2014年に初めて計画が発表され、このたびその運用が正式に開始された。

3億ドルの費用がかかったこのケーブルは、6つの企業の提携によって実現した。グーグル、KDDI、中国移動通信(China Mobile International)、中国電信(China Telecom Global)、シンガポールのSingtel、マレーシアのGlobal Transit Communicationsの6社だ。実際の敷設はNECが担当している。

ケーブルは日本の2つの場所(三重県志摩と千葉県千倉)から米国に伸び、西海岸地域にある複数のハブに接続される。

グーグルでテクニカルインフラ担当ヴァイスプレジデントを務めるウルス・ヘルツルはGoogle+の投稿で、このケーブルの通信速度について「現在稼働中のどの海底ケーブルをも上回る」もので、「自宅のケーブルモデムの1,000万倍速い」と説明している。「このケーブルは複数のチャネルをもち、さまざまな周波数での光伝送に対応できる、史上初めてのものです」

810

世界の海底ケーブル。

FASTERは、世界中を結んでインターネットのバックボーンを形成している、数多くの海底ケーブルのひとつだ。大西洋を横断した初めてのケーブルは、19世紀の中頃に敷設。電報を送信するためにつくられたものだった。

調査会社のTeleGeography社は、現在世界中で稼働しているすべての海底ケーブルを示した世界地図を公開している。これを見ると、大半のケーブルは近くの国や大陸同士を結んでいるが、大西洋を横断するような長いケーブルもいくつかあることがわかる。

なかでも、「SEA-ME-WE 3」と呼ばれるケーブルは、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジアの3つの地域を結ぶ世界最長のケーブルだ。地上の中継地点は39カ所あり、全長は3万9,000kmにもなる。

RELATED

海底ケーブルはこれまで、公共のインターネット通信に使われることが多かったが、最近はグーグルやフェイスブックなどが自社のデータセンター用に敷設する例が増えている。

グーグルのブログによれば、今回完成したFASTERは、グーグルにとって4番目の海底ケーブルになる。フェイスブックとマイクロソフトも2016年5月、スペインと米国ヴァージニア州を結ぶ新しい海底ケーブル「MAREA」を敷設する計画を発表している。

なお、海底ケーブルは、海流の被害を受ける可能性があるほか、サメにかじられる(日本語版記事)こともあるし、海底で引きずられる漁船の底引き網やアンカーによって損傷することもある。後者のケースは、2015年に北アイルランドを結ぶケーブルのひとつで実際に起こったことである(海底ケーブルの切断事故は年間に約100回程度(日本語版記事)と頻繁に起こっており、大規模な通信障害も発生している)。