写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車は1日、個性的なスタイリングのコンパクトカー「キューブ」の一部仕様を向上して発売した。

「キューブ」は個性的なスタイリングや開放的な居住空間、快適な走りや高い燃費性能などに加え、3種類の2トーンカラーを含む11種類のボディカラーと、7種類から選べる内装色の組み合わせなど、個性あふれるカラーリングを楽しめるクルマ。今回の一部仕様向上では、エントリーグレード「15X」に本革巻きステアリングを標準装備し、より上質な室内空間を実現している。

「キューブ 15X」は、1.5リットルの直列4気筒DOHC(HR15DE)エンジンを搭載し、変速機はエクストロニックCVT、駆動方式は2WD(FF)を採用。価格は162万円(税込)。なお、キューブは全車がエコカー減税に適合し、自動車取得税が40%と自動車重量税が25%の減税となる。

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンも今回、一部仕様を向上させた「キューブ 15X」をベースとしたライフケアビークル(LV)を設定し、同日に発売している。

(木下健児)